クルム伊達公子選手は左利き?

ダブルスのペアで、左利きは有利だと話していますが、左利きと言えば思い出したことがあります。それは、クルム伊達公子 選手

元々は左利きだったそうです。

 

この本に右手で打つようになった事が書かれているそうです。(すみません私も読んでません・・・)

 

試合でも時々見ますよね。伊達さんが、ダブルバックハンドが届かない時に、左手に持ち替えて左のフォアハンドで返球しているところ。

物凄い精度で、相手コートに返球されます。
両利きみたいなものですね。完全右利きの私からみたらうらやましいです。

 

実は、十年以上も前になりますが、当時は伊達選手ですね。その練習風景を見たことがあります。試合で行った東京のコートで、伊達選手が練習してました^^

当時は既に世界のトップだったので、練習風景をミーハー的な感じで僕のダブルスのペアと一緒に話しながら見ていました。

最初は「スゲー」「オー」「何じゃその球!」とか言って軽いのりで見ていたのですが、いつの間にか無口になっていました。

それは、ただの練習なのにも関わらず、物凄く集中し、ミスをすると本気で悔しがっている伊達さんがいたからです。

イメージとしては、

「怖い」「近づけねー」「友達になれねー」

と言った感じでした。(すみません)
それほど凄かった・・・

 

世界のトップの選手が本気で練習に取り組んでいる姿を見て、適当に練習していた自分が情けなくなった想いがあります。社会人で練習する時間が少ないのであれば、より集中して濃密な練習をしなければならないですね。

そういえば、伊達選手はその時、これまた本気で左手のフォアハンドも確り練習していました。日ごろから練習しているのですね。

私は左手でプレーする伊達選手に100%負ける自信があります。(そんな自信はイラネー)

伊達選手も40代になりましたが、まだまだ頑張って欲しいです。

【伊達公子VSグラフ フェドカップ伝説の試合動画】

コメントを残す