サイドスピンのスライスショットで相手を走らせよう

何かと便利なスライスショット。
一発で決めるような威力満点のショットではないですが、相手を苦しめるショットとしてスライスは有効です。

特にテニス上級者は、このスライスショットを状況に合わせて打つことで、相手を徐々に追い込んで自分有利の展開に持ち込んだりします。

 

スライスショットの種類

さて、そのスライスショットにもいくつか種類がありますね

  • バウンドして伸びるスライスショット
  • バウンドして止まるスライスショット
  • ふんわりと浮かせたドロップショット
  • ネットに詰めた相手の頭上を越すスライスロブ

そして、最後に今回オススメする

  • サイドに切れるスライスショット

このサイドに切れるスライスショットは、私もダブルスで良く打つショットのひとつです。(もちろんシングルスでも有効なショットです)

 

サイドに切れるスライスの特徴

ダブルスでは、相手のショットが不意に浅めになり、低い打点で打たなければならない時に、このサイドに切れるスライスショットは打ちやすいです。

そして、サイドに切れるスライスショットを打った後は、そのままネットに詰めやすいので、アプローチショットとしてとても有効。

さらにサイドスピンのかかったスライスショットは、

  • 相手をコートの外に走らせることが出来る
  • サイド回転がかかっているので、バウンドは高く弾まず、横にバウンドするので、相手が攻撃しづらい

こんな特徴を持っています。

「相手を走らせて、なかなか攻撃させないショット。」

状況に応じて打てるようになっておくと、テニスのプレーの幅が広がりますね。

 

サイドに切れるスライスを打つコツ

サイドに切れるスライスショットを打つコツとしては

  • 打点は低め、膝あたりの場合が多い。
  • やや体に近い打点で、少し肘を抜くような感じでフォロースルー。
  • バックハンドで打つことが多いが、フォアハンドでも、もちろん打てる。

ちょっと遊び心を持った方が上達しやすいショットでもあるので、

「どれくらい横に切れるだろう???」

などと楽しみながら練習すると良いと思います。

 

サイドスピン練習方法

私のサイドスピン練習方法としては、ウォーミングアップで良く実践する「ショートラリー」(サービスライン内で相手と打ち合う)の時にやります。

普通はトップスピンの回転量を確かめながら打つことが多いのですが、たまにフォア、バックともにスライスショット限定でのショートラリーをします。(もちろん相手もスライスショット限定です)

 

ショートラリーで相手がスライスショットを打つと、バウンドが高く跳ねることが殆ど無いので、打点が低くなりサイドに切れるスライスショットが非常に打ちやすいです。

ここぞとばかり、サイド回転のスライスショットを連続して打つようにしています。相手のサービスラインの中で、コースを狙いながらサイドスピンのかかったスライスショットを打つのは、ゲーム感覚みたいで楽しいです。

是非、スライス限定のショートラリーを試してみてください(^.^)
きっとサイドスピンのスライスショットの感覚がわかるはずです。

 

サイドスピンのスライスショットがイメージ出来なければ、こちらの動画をご覧ください。
2分45秒位から、サイドスピンのバックハンドスライスショットが見られるようになっています。

ボールが空中でもやや横に曲がっているのですが、バウンド後に更に大きく横に曲がるところに注目です。
目で見て頭にイメージを叩き込み、あとは練習あるのみです。

reportbanner

2 Responses to “サイドスピンのスライスショットで相手を走らせよう”

  1. 匿名 より:

    とてもいい勉強になりました♪
    すべてノォトに記録させていただいたのでゆっくり見たいと思います!

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます!
      お役に立てたようで嬉しいです。

      サイドスピンは非常に応用ができるショットなので、マスターしておくと役に立ちます。
      是非、普段から練習してみてください(^o^)

コメントを残す