ソフトテニスと硬式テニスは全く違った。

当サイトは、硬式テニスについて、記事を書いています。

もちろん私がプレーしているのは、硬式テニスですし、ソフトテニスの経験が無いので、ソフトテニスについて、全く記事が書けませんでした(^_^;)

 

しかし、当サイトの読者さんは、ソフトテニスプレーヤーも非常に多く、ソフトテニスについて、何度も質問を受けた事があるのですが、ソフトテニスのイメージが出来ずに、返答ができません。

ところが先日、硬式テニスの練習をしていたところ、隣のコートでソフトテニスの練習会らしきものが始まりました。

するとそこに、地域大会でお世話になっている、地域テニス連盟の会長さんがいるではないですか!

そこで、お願いして、ソフトテニスの練習をちょっぴりさせてもらいました。
少しでも読者さんの質問に答えたくて・・・。

 

ソフトテニス初体験

ソフトテニス初めての感想は、

「硬式テニスと全く違う感覚!」

です。中途半端なスイングだと、ボールが深くまで飛びません。
ラケットの反発力を使うようなショットが打てない感じでした。

ソフトテニス出身者のスイングスピードが速い理由がわかりました。

 

ソフトテニスと硬式テニスを同時にやる事は、非常に難しいでしょうね。
どちらかが、下手になってしまうような気がしました。

 

意外な発見

ソフトテニスをやっていて、1つ思ったことが、ソフトテニスのバックハンドは、硬式テニスの両手バックハンドに近い部分があると発見した事。

 

ソフトテニス出身者が、硬式テニスをはじめると、一番最初にバックハンドで悩むことが多いですが、両手なら、コツさえつかめば、すんなりマスターできるような気がしました。

ソフトテニスの肩の入れ方や、ボールのひきつけ方は、充分両手バックハンドに生かせるような気がします。

 

現在、私の所属している社会人テニスサークルで、ソフトテニス出身者で、バックハンドに苦労している人がいるので、ちょっとアドバイスしてみます。もし改善できたら、当サイトでも紹介しますね。

たまには、ソフトテニスをやって、色々と気付きがあるのも良いですね^^

勉強になりました!

コメントを残す