ダブルスでスライスサーブのリターンは、どのコースに打つべき?

テニスのダブルスの試合において、スライスサーブを打って、相手リターナーをコートの外に追い出していく戦術は、男子ダブルスでも女子ダブルスでも良く使われます。

特に、フォアサイド側のリターンで、この戦術パターンにどっぷりはまり、相手サーバーペアに思い通りにポイントを取られてしまうプレーヤーも多いです。

そんなスライスサーブに対するリターンについて、質問があったので回答します。

 

スライスサーブに対するリターンコース 質問&回答

Yさんからの質問

相手サーバーがスライスサーブを打って前に出てくる場合、フォアサイドのリターンはどこに打つのがいいですか?ストレートロブで返しても相手前衛に読まれてしまいます。

woman-hatena

 

【回答】

私がダブルスの試合に出場する場合、ほとんどの試合でフォアサイド側でのリターンを担当しているので、この状況は良くわかります。

では早速、回答しますが、サーバーとリターナーの両方が、右利きという前提で説明します。

 

スライスサーブに対するフットワーク

相手のサーバーがスライスサーブでフォアサイドにサーブを打つと、リターン側から見ると、体からどんどん離れるようなサーブの軌道になります。
リターナーが、リターンをしようとしてバックラインと平行に、真横に移動していっても、体から離れていくスライスサーブは、なかなか追いつきません。

ですから、リターナーは必ず斜め右前にステップインして、自分からスライスサーブの軌道に向かっていく必要があります。
とにかく、斜め前への意識は重要です!!!

 

スライスサーブに対するリターン

そして、リターナーがしっかりとスライスサーブのボールとの距離を縮めたら、返球するコースを選択しなければならないのですが、私の場合、基本はクロスのリターンです。
しかも、回転をかけてなるべくショートクロス気味に返球します。

何故このコースに返球することが多いかというと、打ちやすいコースな上、相手にとって嫌なコースだからです。

 

スライスサーブの特徴を逆手に取って角度のあるリターン

何故ショートクロス気味のリターンが打ちやすいか?

それは、スライスサーブの特徴にあります。
スライスサーブは、フォアサイドにどんどん切れていくので、角度のつきやすいサーブです。

角度がつきやすいサーブなので、ノータッチエースやリターンミスも期待できるサーブですが、リターン側がしっかりと追いつければ、その角度を利用して、さらに角度をつけるリターンが打ちやすくなります。

return1

■図解1 黒ラインのリターンコース

 

ショートクロス気味にリターンが出来れば、相手前衛がポーチに出てもなかなか届きません。
また、サーバーがサーブアンドボレーに来た場合、ローボレーになることが多いので、一気に攻められることもありません。

仮にサーバーがボレーに出てこなくても、角度のついたショートクロス気味のリターンを返球するには、かなりの距離を移動することになるので、次のショットは簡単ではないです。

ばっちりショートクロスにリターンできなくても、多少甘めのショートクロスでも相手は一気に攻めに行けることが少ないので、基本としては、このショートクロス気味のリターンはオススメです。

 

ストレートと相手前衛のボディーで変化をつける

・ショートクロスのリターンが相手に読まれてきた時
・相手のスライスサーブが良くて、リターンがギリギリ届くくらいで、ショートクロスに打ちきれないような時

こんな時は、相手前衛を抜くようなストレートリターンや、相手前衛にめがけて打つようなボディー気味のショットが有効です。

特に、相手前衛にめがけて打つ、ボディー気味のリターンは、効果ありです。
ストレートに抜くリターンよりも、サイドアウトのリスクが少なく、相手前衛の正面に打つので、相手前衛はボレーに角度がつけにくく、1発のボレーで決められるリスクも少ないです。

ダブルスが強いペアが良くやる、通称「前衛アタック」ってやつですね(^_^;)

return2

■図解2 黒ライン:ストレートリターン  青ライン:ボディーアタック

 

ただし、このボディー気味のリターンは、リターンのスピードが必要になります。
また、リターンが浮いてしまったり、少しボディーから外れると、相手前衛のチャンスボールとなってしまうので注意が必要です。

相手のスライスサーブでコートの外に追い出されてしまった場合の、一つのオプションとして使用頻度を抑えてこのボディー気味のリターンをすると効果ありです。

 

意外と有効!センター気味のロブリターン

相手のスライスサーブで、コートの外に追い出され気味になった時、かなり有効なのがセンター近くへのロブリターンです。

return3

■図解3 黒ラインのロブリターン

 

コートの外に追い出されてしまった状態で、相手コートのセンター気味にロブを打つと、相手前衛を超えれば、相手サーバーがサーブアンドボレーをしに来た場合、ハイバックボレーで打つことになります。
ハイバックボレーは、力が入りづらく、スマッシュのように強烈に決められることが少ないです。

またハイバックボレーは対応が難しく、ミスしてくれる可能性も高まります。

コーナーやバックラインのギリギリにロブリターンを打たなくても、相手にとって嫌なリターンになるので、非常に効果がありです。
リターンしてからの時間も稼げるので、このロブリターンもレパートリーの一つとして練習しましょう!

 

まとめ

相手のスライスサーブに対しては、斜め前にステップインして、自らボールに近づくこと!

リターンコースの基本は

・ショートクロス気味のクロスリターン

バリエーションとして

・相手前衛のサイドを抜くストレートリターン
・相手前衛のボディー気味にスピードのあるリターン
・センター気味にロブリターン

これらのリターンを、リターンの態勢や試合の状況を感じながら打ち分けると、相手にとって脅威になります。

reportbanner

コメントを残す