ダブルスのボレー上達には、やっぱりボレーボレー練習が有効

ボレーはストロークと比較すると、相手との距離がかなり短いので、瞬時の動きと、効率の良いラケット操作が必要になってきます。特にダブルスでは、相手前衛とのボレーの打ち合いなどもあり、一瞬でボレーを打つラケット面にしなければなりません。

その動きをマスターするのにオススメなのが、基本練習のボレーボレーです。
ダブルスが強いプレーヤーは、このボレーボレーを適度に練習しているプレーヤーが多いです。

 

ボレーボレーは、とにかく相手との距離が短いです。よって、ボレーボレーを続けようとすると、余計な動きをしている場合ではありません。

シンプルかつ効率的に体を動かして、ラケット面を操作します。さらに、すぐに返球される相手のボレーに対する準備を、これまたすぐにしなければなりません。

しかも短時間に沢山のボレーを打てるので、反復練習になり、体に覚えこませられます。ダブルスのボレーが上手くなる要素が沢山有るのがボレーボレーです。

 

ボレーボレーのデメリット

人によってはですが、

  • ボレーボレーは、地味なので面白くない。
  • 意外と疲れる。
  • 握力がなくなる。

 

などの理由があるからなのだろうか?テニス初心者さんは、ボレーボレー練習をあまりせずに、ストローク練習ばかりしちゃいます。

初心者さんこそ効果があるので、是非ボレーボレーを練習に取り組みましょう!

 

ボレーボレーの練習は、いつどこで?

ボレーボレーのメリットで記述していなかったのですが、ボレーボレーのもう一つのメリットとしては、コート外でも練習ができるところです。

 

例えば、ダブルスの草トーナメントなどに参加すると、試合前にペア同士で、コートの外でボレーボレーをする姿を頻繁に見ます。私も、ダブルスの草トーナメントに沢山出場していますが、大会で禁止されていなければ、試合の待ち時間にボレーボレーをペアと必ずと言って良いほど実践しています。

但し、ボレーボレーで疲れてしまっては、試合に影響があるので、ほどほどにやる程度です。

 

ウォーミングアップにもなりますし、ボールとの距離感などの感覚をつかめるので、オススメです。

また、普段のテニスの練習でも、練習に参加しているプレーヤーが多い時は、コート内で打てない時間が発生したりします。そんな時は、相手を見つけて、コートの脇でボレーボレーを実践してみましょう。

 

色々なパターンでボレーボレー練習

打ちやすい距離でボレーボレーをするのも良いですが、色々なパターンで実践すると、より試合でのボレーで生きてきます。

ボレーボレー練習の例
  • 極端に短い距離でのボレーボレー練習 ⇒ 相手とのボレーボレー戦に役立つ
  • 長い距離でのボレーボレー練習 ⇒ ファーストボレーの練習に効果的
  • 相手の「バックだけ」「フォアだけ」にボレーを返す ⇒ コントロールを養う
  • 相手に普通にボレーをうってもらい、自分はロブボレーのようにフワッと返球する ⇒ ロブボレーやドロップボレーの感覚を養う

 

工夫してボレーボレー練習をすることで、いくつものパターンのボレーが打てるようになります。

【参考動画】

時間や場所をあまり気にせずに出来るボレーボレーを、時々練習して、強いダブルスプレーヤーを目指しましょう!

reportbanner

コメントを残す