ダブルスの前衛は、ポーチや動きで相手にプレッシャーをかけよう

テニスのダブルスは、前衛の働きによって試合の状況が大きく変わります。

ダブルスの強いペアは、ポーチボレーを含めた前衛の動きで相手にプレッシャーをかけて、試合を有利にすすめようとします。
逆にダブルスで実績を出せないペアは、前衛の動きが悪く、ただ突っ立っているだけなんて事もあります。

今回は、そんな前衛の役割について、質問があったので紹介します。

 

前衛の役割は、何をすれば良いのか? 質問&回答

Mさんからの質問(女性)

硬式テニス8年めですが前衛にいたときになかなかポーチにでれません。前衛の役目が果たせなく悩んでいます。
ほとんどボールを打つことなく終わることがあります。どういうふうに打てばいいですか?

woman-hatena

 

abata回答

ポーチボレーの打ち方についての質問でしたが、ダブルスの前衛は、ポーチボレーで決めることも大事ですが、重要なのは、相手にプレッシャーをかけることです。

相手にプレッシャーをかける一つの方法としてポーチボレーもありますが、ダブルスの前衛は、ポーチボレー以外にも相手にプレッシャーをかける事が出きます。では、ポーチボレーも含めてどうやって相手にプレッシャーをかけるのでしょうか?

 

相手の打つコースを予測して動く

相手がショットを打つフォームやタイミング、スコアなども加味して、「このコースに打ってきそうだ!」と予測したら、前衛として積極的に相手の打つコースに動くことです。

例え相手のショットに触ることが出来なくても、相手にとっては、打ったコースに前衛が近づくだけでプレッシャーになります。もちろん、予測したコースに甘いショットが来たら、ボレーでしっかりと相手コートに打ちましょう。

こうすることで、相手は「厳しいコースに打たないとボレーでやられる!」と思って、より厳しいコースを狙ってきます。
そうすると、当然ですがミスも増えていきます。

 

私が前衛の時に実践しているのは、かなり大きくポジションを動くようにする事です。

逆を突かれてストレートなどを抜かれることもありますが、全く気にしません。予測したコースに大きくポジションを動くことで、相手にプレッシャーをかけられる方がメリットが大きいからです。

とにかく、ダブルスの前衛は、前後左右に動くことが重要。じっとしている前衛は、相手にとって何の脅威にもなりません。

 

予測があたったら、ちゅうちょせずにボレーにしにいく!

これは、ポーチボレーの時の重要ポイントでもあるのですが、相手ショットのコースを予測して、甘いコースに来たら、自分達のポジションなんて気にせずに、ボレーを打ちにいくことです!

多少、強引にでもボレーをしに行くことで、相手にプレッシャーを強くかけられます。

特にポーチボレーは、思い切りが重要です。
予測に反して、「相手がストレートに打ってきたら、ポイントを失ってしまう!」と少しでも思うと、思い切りポーチボレーに行けないものです。自分の予測を信じて、思い切り動くことが大事です。

 

但し、なんでもかんでもポーチボレーにいくわけではなく、あくまでも予測がある程度出来た時に、ちゅうちょせずにポーチボレーや決めボレーを狙いに行きましょう。

 

ダブルス前衛でのボレー(ポーチボレーも含む)のコツ

  • 1.相手のフォームや、相手の打つタイミングを常に注意して、相手の打つコースを予測する。
  • 2.相手の打つコースを予測したら、半歩でも1歩でも良いので、そのコースをふさぐようにポジションを移動する。
  • 3.相手の打つコースが予測と合っていて、ボレーが打てそうであったら、前や斜め前に動きながらボレーを打ちにいく。
    前衛は、前への意識が非常に重要です。受け身になってしまうと、相手に逆襲されやすくなるので、ボレーは前や斜め前への意識が重要。
  • 4.前衛は、相手が打ってから自分がボレーするまでの時間的余裕がないので、ボレーのテイクバックはコンパクトに。ボレーの威力は、ラケットのスイングではなく前へのフットワークで力を伝えるイメージ。ボレーは、足が非常に重要です。
  • 5.ポーチボレーも含めて、前衛のボレーは1発で決めなければいけないものではありません。1発で決められなくても、2本3本とボレーを打って、相手を徐々に追い詰めていきましょう。
  • 6.自分のボレーで相手が追い詰められて、甘いロブを打ってきたら、前衛の見せ場です。しっかりとスマッシュで決めて、さらに相手にプレッシャーかけましょう。「甘いロブは、相手前衛のスマッシュの餌食だ」と思わせれば、より相手にプレッシャーがかかります。相手にプレッシャーをかけるためにも、普段からスマッシュ練習は定期的に行いましょう。

 

以上が、私が前衛の時に実践している大体の事です。

ポーチボレーを決めることで、相手にプレッシャーをかけることはもちろん出来ますが、相手が打つコースに前衛が動いてくるだけでも、相手としては嫌なものです。

前衛の時は、とにかく動いて相手にプレッシャーをかけて、チャンスがあったらちゅうちょせずにボレーを打ちに行きましょう!強いダブルスペアは、この前衛の動きが本当に上手いです。

reportbanner

コメントを残す