チャンスボールをボレーで確実に決めるコツや注意点

テニスの試合をしていて、相手がチャンスボールを打ってくれて、「あとはボレーで決めるだけ!」
というシチュエーションで、ボレーをネットに引っかけてしまったり、大きくラインをオーバーしちゃったりすることは、ボレーが苦手なプレーヤーは良くあります。

チャンスボールをミスしてしまうと、精神的ダメージも大きく、その後のプレーに影響があったりしますので、本当は確実にボレーで決めたいところです。

そんな、チャンスボールをボレーでミスしない方法について、質問があったので紹介します。

 

チャンスボールをボレーでミスしないためのコツ 質問&回答

Mさんからの質問

チャンスボールをボレーする時かならずネットに引っかける。
心の中で、「このボールいただき!」と思った時、ミスります。煩悩の塊なのか、悪い癖が直りません。
この前ミスったとき、コーチから、「ラケット振っちゃってますねーー!」と指摘を受けました。

ミスの原因を推測するに2つぐらい思いつきました。
・「しめしめ」と思ったときに気が緩んでラケットを振ってしまう。
・ラケット面固定、体・足でボールとの高さ・位置関係を調節という基本を忘れ、手だけで前のめりに打ってしまい、ラケットの面が下向きになっている。

チャンスボールのボレーでミスを少しでも減らすためのコツ等がございましたら、ご教授いただけますと助かります。

man-hatena

 

abata回答

チャンスボールの決めボレーについてですが、私の場合、相手からチャンスボールが来ても、強烈に打ち込まれて劣勢なボールでも、ボレーの時のテイクバックの大きさはほとんど変わりません。

つまり、どんな状況にあっても、ボレーの打ち方はあまり変えずに、一つの型にはめています。

 

足を使ってボレーを決める

常にボレー打つ前の準備は一定にして、テイクバックはコンパクトに終了させ、チャンスボールの時は、足をつかって前に詰めるようにしています。

逆に相手に打ち込まれた場合は、前に詰める時間はないので、コンパクトなテイクバックをして重心を落とし、相手のショットの勢いを利用してボレーを返球します。

 

チャンスボールの時は、少しフォロースルーを大きくとることぐらいしか違いを出さないように心がけています。(実際は少しテイクバックが大きくなっているかもしれませんが、意識の中では、どんなボレーでも同じ感覚です)

ボレーのテイクバックが小さいと、ボレーのスピードは出ないと思いがちですが、テイクバックはコンパクトでも、前に詰めるスピードと力を利用して、ボレーも十分スピードが出ます。

 

ボレーミスを減らすためのコツ

コツとしては、ボレーの練習時に常に同じ打ち方で練習する事です。

相手のショットが速くても遅くても、基本は同じテイクバックで準備をする。
打ち方を変えなくて良いので、一度身に着けるとボレーのミスは一気に減るのですが、意外と難しいみたいです。

 

とにかく、自分が一番安定するボレーの打ち方を、相手のボールに関係なく同じように対処する。
違うのは、足の動かし方とフォロースルー。こんな感じを意識して練習すれば、ボレーの安定感は増すはずです。

 

応用・まとめ

コンパクトなテイクバックでのボレーを徹底的にマスターすると、同じフォームでアングルボレー、ドロップボレー、ロブボレーなどを、ちょっとしたラケット面の操作で打てるようになります。

とにかく、上半身はいつも決まった形で構えてボレー打つ!下半身(足)は、相手のショットに合わせて、忙しく動かす。
一度、コンパクトで型にはまったボレーを打てるようになると、好不調の波もなく、安定したボレーが打てるようになります。もちろん、チャンスボールも的確にボレーを打てるようになりますよ!

reportbanner

コメントを残す