テニス ダブルスで効果的なIフォーメーション

さて、最近試合に出場していて、久しぶりに驚く戦術に出会いました。

Iフォーメーションです。

過去100回以上の大会に出場していますが、対戦相手がIフォーメーションをしてきたのは、3回目の経験。

 

Iフォーメーションって何?

Iフォーメーションとは、ダブルスのペアがサーブを打つ時に、前衛は、ネット近くの真ん中付近にしゃがんで構えるフォーメーションです。

 

前衛と後衛がアルファベットの「I」のように一直線になります。

プロの試合では良くやってますね。こんなやつです。

でもアマチュア草大会レベルじゃ、めったにお目にかかれません^^

 

私たちペアも慣れていないので、いきなりIフォーメーションをやられて、

「どこに打てば良いんだよ!」

て感じになっちゃいました。

 

Iフォーメーションは、草大会でも効果的

自分たちがなれるまで、3回位Iフォーメーションを立て続けにやられましたね(汗)

このフォーメーションの良いところは、相手から見ると、前衛のポーチがどちらに行くのかわからないところ。正直に言って、慣れるまでは、本当にわかりません。

但し、Iフォーメーションをやるサーブ側は、サーブのコースを狙ったところに打つ必要があります。Iフォーメーションは、サーブのコースを打ち合わせして、そのコースに入る前提で、前衛が動くので。

やられてみて感じたことは、

「このフォーメーションは使える!」

と思いました。

 

特に相手が戸惑っている間は、ガンガン使っちゃっても良いかもしれません。

決して難しい事をしているわけではないので、サーブのコントロールに自信があったら、チャレンジしてみるのも良いかと・・・。

 

意外と目立つ

さらに付加価値として、「目立ちます」

ちなみに私達ペアは、慣れるまで3ポイント連続で、相手にポイントを奪われました。
慣れてくると、回転を多めにかけてやまなりにストレートに返すと、ポイントが取りやすくなりました。

ま、そのリターンをやった瞬間、相手ペアは、普通に戻っちゃったけど・・・。

草大会でIフォーメーションに出会ったら、冷静になって、対処してください。リターンはストレートが結構おすすめです。

reportbanner

3 Responses to “テニス ダブルスで効果的なIフォーメーション”

  1. より:

    参考になりました。試合や練習で使わせてもらいます。

  2. 通りすがり より:

    オーストラリアンフォーメーションとIフォーメーションは違いますよ!

    • 管理人 より:

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

      仰る通りですね。該当箇所を削除いたしました。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す