テニス リターンダッシュでの陣形を考える

リターンダッシュ後のポジショニングは、ペアのボレーの力量によって、どうすべきか?考えどころです。結構、ポジショニングに悩んでいるプレーヤーもいます。

例えば、ペアはボレーが苦手なのに、ボレーが得意な自分がガンガンとネットに詰めることによって、ペアが狙われる可能性もあるからです。

そんな、ちょっと難しいリターンダッシュ後のポジショニングについて、読者さんから質問を頂いたので、ご紹介しますね。
そして、独断と偏見でのuepon流の回答です。

 

リターンダッシュ後のポジショニングをどうすべきか? 質問&回答

Tさんからの質問

私は、ストローク力が無いので、サービス・リターン後、いつも早い段階でネットに詰めます。

その時、自分のパートナーが、サービスライン上ぐらいで止まってしまっていたら、自分がどうポジションを取るべきか、迷ってしまいます。
固定ペアとか、ガチで試合に臨むパートナーなら、もう1歩詰めて欲しいなどと伝えるんですが。言えない場合や言っても伝わらない場合に、凄く困るんです。
パートナーと正しい距離感を保てば、私がデッドゾーンに立つことになるし、詰めたい場所まで詰めたら、パートナーと横一線になるし。

そもそもの考え方が間違ってるかもしれないですが、何か良い方法をご存知でしたら、教えていただきたくて質問しました。

man-hatena

 

※1点説明です。デッドゾーンというのは、ボレーもやりずらいし、ストロークもやりずらい、サービスラインのとバックラインの真ん中あたりのことを言います。

 

abata回答

マニュアルどおりではない回答かもしれませんので、クレーム一切無しでお願いします(笑)

 

リターンダッシュですが、私が得意とするパターンです。しょっちゅうやってます。

この問題の解決法は超簡単。私の独自理論ですが(笑)

> その時、自分のパートナーが、サービスライン上ぐらいで止まってしまっていたら、
>自分がどうポジションを取るべきか、迷ってしまいます。

 

私の考えは、「迷わず行け!」です。何のこっちゃって感じですね。

 

基本パターンは、試合では臨機応変に

この状況を見ると、ダブルスパートナーの人は、あんまりボレーが得意じゃ無いと想定できます。普通、リターンがネットを越えると、前衛側は、ネットにつめます。(ネットに近づく)

特に、ボレーが得意な人は、前につめる習慣がありますので、このパートナーは、恐らく、あまりボレーが得意じゃ無いという意識があるんでしょう。

 

逆に質問者さんは、ボレーが得意ならば、どんどんネットにつめれば良い。

つまりパートナーをさっさと追い越してしまう。
そうすると、横並びにならないですね。

質問者さんが前、パートナーが後ろの平行陣が出来上がり。

オーソドックスな形(リターン側が後ろ気味、パートナーが前気味)ではないですが、前後にもなりますので、ロブを打たれても、パートナーがある程度ケアしてくれる可能性が高いです。

 

試合になると、基本パターンなんて、あって無いようなものです。自分の得意ポジションで勝負した方が良いので、ボレーが得意ならガツガツ前に出てみてください。

私もしょっちゅう無意識でパートナーを追い越します。
はじめて組んだ人でも、やっちゃいます(汗)

 

でも、パートナーも自然と、私をフォローにまわってくれますよ。

中途半端は良くないので、やるならわかりやすく前に詰めちゃう。

こういった回答で良いのかな?テニスコーチっぽくなく、草トープレーヤー的な回答なのかな。。。
でも、実際にこういったテニスの方が強いんですよね。

reportbanner

コメントを残す