テニス ロブリターンを試合で打つ

一般テニスプレーヤーの試合では、ロブリターンは非常に効果的です。

理由としては、スマッシュに絶対的な自信を持っている人が少ない。
相手の陣形を崩せることが出来る。

などなどメリットは多くあります。そのロブリターンについて、質問があったのでuepon流で回答します。

 

ロブリターンはボレー感覚? 質問&回答

Iさん(女性)からの質問

久しぶりのコメントで早速質問です。

ロブリターンもボレーの感覚で打ってもイイのでしょうか!?
時々試しているのです。かなり有効だと思うのですが。

後、ロブリターンでは、肘を身体に近づける感覚で打って。とアドバイスをもらいました。
面がブレないようにでしょうか?

woman-hatena

 

 

abata回答

ロブリターンは、ダブルスだと特に有効ですね。私も頻度は高くないですが、ここぞと言う時は、ロブリターンを打ちます。

>ロブリターンもボレーの感覚で打ってもイイのでしょうか!?

 

はい。ボレーにとっても近い感覚ですね。

スイングすると言うよりは、上向きの面を丁寧に作って、相手のサーブの勢いを利用して、ロブリターンを打つようにすると効果的です。

「相手のサーブの勢いを利用して」と書いたとおり、相手のサーブが遅い場合、待って打つと上手くロブボレーの高さと距離が出ない事があります。

 

ですから、早いサーブで勢いがあれば、瞬時に上向きの面を作って、ブロックするような感覚でロブリターン。

 

遅いサーブの時のロブリターン

逆に、遅いサーブで勢いが無ければ、ポジションを前にして、体重を前に乗せながら上向き面で打つ。どちらの場合でも、あまりスイングしないほうが、確率高く狙ったところにロブリターンできるはずです。

 

慣れてきたら、相手前衛のハイバックボレーをわざと打たせるような高さとコントロールをするとポイントを取れる幅が広がります。

どうしてもハイバックボレーは力が入りづらいので、返球されたボールは、リターン側のチャンスボールになりやすい!

 

実際の試合でのロブリターン実践例

それと、これは試合でよく見られるのですが、スピンサーブやツイストサーブが得意なサーバーがいる場合。

この場合、リターンが右利きの人だと、バックの高いところにサーブが来るので、どうしてもリターンをコントロールしづらい。

だから、スピンサーブが非常に良いサーバー相手の場合、はじめっからロブリターンを打つこともあります。
下手に勝負してミスをするよりも、ロブで返球してからラリーに持ち込むわけですね。

この時は、リターン側のペアも含めて2人でベースラインに下がってしまう!こんな極端な戦術をしてくる人もいます。

 

一見消極的な戦術ですが、サーバーとしては意外と嫌なものです。

私もスピンサーブ主体のダブルスプレーヤーなので、相手にこんな戦略ととられることが多いのですが、ロブリターンされても、スマッシュ一発でなかなか決められない(汗)ので、苦しむ事もありますね。

相手が良いスピンサーバーの場合は、徹底したロブリターンは、試してみる価値がありますよ^^

 

この時のロブボレーも高めのボレーの感覚です。

 

ストロークの意識はなるべく減らす

>後、ロブリターンでは、肘を身体に近づける感覚で打って。とアドバイスをもらいました。
>面がブレないようにでしょうか?

 

これは恐らく、ストロークの意識を捨てて、ボレーの意識をしてもらいたかったんだと思います。

自分では、ボレーのような感覚でロブリターンを打っているつもりでも、ストロークっぽくなっている場合がありますから・・・。

肘を身体に近づけて、脇を締めながら打つ。
こうすると腕の自由が利かなくなって、コンパクトなボレーのようなスイングになりますよね。恐らくそれを意識して欲しかったんだと思います。

 

ロブリターン練習法

ロブリターンの練習は、スマッシュの練習で上達しますので、積極的にやって欲しいですね。スマッシュ練習と言っても、スマッシュする側ではないですよ!

相手にスマッシュを打ってもらって、それをロブで返球する側。

こういった練習をやる時があると思いますが、この練習はスマッシュするほうも重要ですが、ロブを上げる方も、とっても意味のある練習です。

 

勢いのあるスマッシュをいかに思ったところにロブで返せるか?

これが出来れば、
勢いのあるサーブを思ったところに、いかにロブリターンできるか?

同じように上達できますね!

20回くらいつなげられるようになったら、かなりロブリターンも上達しますよ。ま~スマッシュ側も上手くないといけませんが(笑)

是非、スマッシュ&つなげる練習の時間を意識してとるようにしてください。きっと試合で役に立ちますから。

reportbanner

コメントを残す