テニスが上達しやすい人の傾向1

同じ時期にテニスをはじめて、上達がはやい人とおそい人がいます。

確かに運動神経の差もあるのですが、運動神経以外でも上達するスピードに差が出る傾向があります。

これは、私が15年位テニスを馬鹿みたいにプレーしてきて感じたことで、間違いないと確信している事。

 

テニスが上達しやすいタイプ

上達しやすい人の傾向として、上手い人への質問が多い。

私もそこそこの成績を出しているので、「○○を教えて欲しい」なんて言われることがあるのですが、上達がはやい人は、その質問の頻度が多く、尚且つしつこいです。

しつこいと言ったら、悪く聞こえますが、言い方を変えると熱意がある!

 

そして、教わったことを素直にやり始めます。
自分に合うか合わないか?はあると思うのですが、そんな事考える前に

「とりあえずやってみる」

こういった姿勢の人が、上達するスピードが早い人が多い。

逆に、あまり質問しない人、教えてもらってもやろうとしない人。こういった人は、前述した傾向の人と大きく差が出てきます。

 

遠慮しないで質問しまくる

もし、まわりに目標とする人がいるようでしたら、ガンガン質問しちゃいましょう。
教えてもらいつつ、いつかは「越えてやる」くらいの気持ちが大切ですね。

また、スクールに通っていたら、コーチにとことん聞きましょう。お金払っているので、この場合は遠慮はいらないです。

そして、教わったことはとりあえず1度はやってみる事をおすすめします。上達のヒントやコツが一気につかめる事もありますので。

合わなかったらやめれば良いんです。
テニスが上達しやすいタイプ第二の傾向は、また今度・・・

コメントを残す