テニスでつなぎのボレーを練習して上達する

ダブルスにおいて、ボレーは決めるだけでなく、次のショットへつなぐことも重要です。
前回、つなぎのボレーをマスターする事が、ボレーの自信につながると記事にしました。

まだ読んでいなければ、こちら
↓↓↓

 

つなぐボレーの練習法

さて、そのつなぎのボレーの練習法ですが、普段からやっている練習を

「つなぐ」

意識を強く持ちながら実践するだけで、自然と上達していきます。その練習法とは、ストローク&ボレーです。

 

ストローク&ボレーの練習とは、相手がストロークをして、自分がボレーをする良くある練習ですね。
テニススクールなどでも良くやっている練習だと思います。

この練習で、ボレー側の役割の時に、相手ストローカーの打ちやすい場所に確実にボレーするように意識します。

相手が打ちやすい場所にボレーすると言う事は、コントロールが良くなければなりません。この相手に打ちやすい場所に打つことを徹底する事で、ボレーのコントロールは自然と良くなります。

 

多くの人は、ストローク&ボレー練習の時に、なんとなくボレーしてますが、それではもったいない!

ボレーする時に相手ストローカーが打ちやすい場所にボレーをコントロールする為には、バックラインとサービスラインの間あたりに落とす必要があります。

ですから、ボレーをするときは、バックラインとサービスラインの間のコートに落とす場所をイメージしながら、ボレーをします。

 

コートに落とす場所に頭のなかで円形のイメージをして、そこにバウンドさせるように。

こうする事で、ストローカーは気持ちよくストークを思いっきり打ってくるので、打たれたボールをまたまたストローカーの打ちやすい場所にボレーを打ってバウンドさせる。

こんな事を繰り返す事で、つなぎのボレーコントロールは増します。

 

つなぐボレーは、応用が効く

いつも同じ場所にボレーをコントロールできるようになれば、もっと長めにボレーを打つだとか、短めにボレーを打つような事は、応用が利くようになります。

ボレーが苦手と認識しているのなら、まずは、つなげるボレーを練習してみましょう。

 

ボレーのコントロールが上達したら、ロンドンオリンピックの男子ダブルス優勝ペア、ブライアン兄弟のような練習も夢ではないかも?(凄い!)
↓↓↓

DVD動画で決定力のあるボレーが学べる
決定力がアップする フォアボレー・バックボレー

reportbanner

コメントを残す