テニスでは振り切る事で、相手コートに入る確率を上げられる。

テニスが上達してきて、試合に出場したりすると練習以上にミスの重要性がわかってきます。

そうすると、相手コートにとにかくミスをしないで返球するような意識が高まり、思いっきり打てなくなるような時期があったりします。

今回は、そんな思いっきり打てない悩みをもったプレーヤーからの質問にuepon流で回答です。

ミスをしないためにはどうすべき? 質問&回答

Sさんからの質問

uepon様

テニス頑張っておりますが、やればやるほど難しさがわかってきますね。そこでまた質問させてください。

最近、サーブのリターンやラリーの際、ミスしない重要性はよく理解でき、だいぶ確率は上がったのですが、入れることを重視してしまうせいか、なかなか思い切ったショットが打てません。

同じくらいのレベルなら相手のミス待ちで勝てることも多いのですが、相手が強いとビシビシリターンを返され(あるいは前に詰められてボレーで叩かれ)、劣勢になってしまいます。

ストローク力をきちんと身につけることしかないとは思うのですが、ゲームを進めていく上で何か気をつけることなどはありますでしょうか?

漠然とした質問で申し訳ありませんがどうかよろしくお願い致します。

man-hatena

 

abata回答

 

早速ですが、質問につきまして回答いたします。

【質問の中での重要部分】
最近、サーブのリターンやラリーの際、ミスしない重要性はよく理解でき、だいぶ確率は上がったのですが、入れることを重視してしまうせいか、なかなか思い切ったショットが打てません。

この部分ですが、テニスを本気で取り組むと、いかにミスを減らすことが重要なのかを理解し、丁寧にショットを打とうとするようになってきます。

 

これ自体は悪く無いと思うのですが、ミスは減るけれど、とりあえず相手コートに返球するために置きに行くようなショットを打つと、相手に攻めこまれます。

特に、テニスの上級者は相手のそういったショットを待って、攻撃に転じるのが上手いです。

そこで重要なのが「回転」です!

 

回転をかければ、ショットを打つ時に振りきっても、相手コートに入る確率が上がります。

力加減でショットの強弱を調整すると、繊細なタッチが必要になりますし、ちょっとした力加減のミスで、相手のチャンスボールになってしまいます。

その点、回転を意識して常に振りきれるようになれば、相手にとっては打ちづらくなります。

 

確実性を重視する時は、回転を多めにかける。攻める時は、回転を少なめにしてスピードを上げる。
こんな事が、テニスの局面局面で選択できるようになると、ミスを減らしながらも攻撃できるようになってきます。

サーブでもリターンでもラリーでも、トップスピン回転やスライス回転は応用できるので、是非とも振りきって回転をかけながらもミスを減らすことにチャレンジしてみてください。

 

回転をかける感覚を掴む練習法

オススメの練習法としては、ショートラリーです。ネットを挟んでサービスライン内でラリーをする練習です。

良くウォーミングアップでショートラリーをやりますが、そのショートラリーの時に振りきって回転をかけながら、サービスライン内におさまるように打てるようになると、回転をかける感覚が養われます。

 

振りきって回転がかかる感覚をつかむと、サーブやリターンにも応用できるようになってくるはずです。

トップスピンやスライスショットなど「回転」を意識してテニスに取り組んでみてください!きっと、もう一ランク上のテニスができるようになるはずです。

 

最後に

良く、私は非力なのでトップスピンはかけられそうもない・・・」
なんて言っている初心者テニスプレーヤーもいますが、そんな事は無いです。

ラケットの動きやラケット面の角度などを理解すれば、グリグリのトップスピンは無理でも、適度な回転のかかったトップスピンは、ある程度の筋力で打てるようになります。

 

回転が思うようにかけられるようになると、テニスの幅がおもいっきり広がるので、是非とも諦めずに練習することをオススメします。

【錦織圭 選手のフォアハンドトップスピン動画でイメージトレーニング】

reportbanner

コメントを残す