テニスでも緩急は大事

先日、読者さんからムーンボールについて質問がありました。

ムーンボールとは、トップスピン回転を多くかけた遅い山なりのボールですね。バウンド後、とても良く跳ねます。いわゆる中ロブに近いかもしれません。

こういったショットは、テニスの草トー参加レベルだと、超有効です。

 

遅い球を上手くつかう

プロのようにガンガン安定して速い球を打ち続けられる様だったら、必要ないかもしれませんが、一般人はそうはいきません。ダブルス大会で優勝するような人でも、速いショットを安定して打ち続けられるような人はそうはいません。

では、速い球をそう何回も打てない人はどうするのか?

 

遅い球を上手く利用する!!
その遅い球の代表がムーンボールですね。

バカスカ速い球を打ってミスするくらいなら、こういった遅くても確実に入る球を有効に使うべき!

 

緩急をつけてタイミングを外す

速いショットのラリーの時に、ちょっとこういったスピードの遅い球を使うと、相手のタイミングが外れます。遅いボールを打った後に、いつも通りのショットを打つと、相手はそのショットを速く感じてミスにつながったりする。

 

良く野球のピッチャーが緩急をつけて、バッターに打たせないのと同じですね。球が速くないピッチャーが、自分の球を速く見せるために、遅いカーブを投げて、最後はストレートで三振にする。

緩急をつけられると、人間の眼は慣れないので、いつも以上に速く感じるわけです。

 

私の実践しているタイミングを外す戦術

ココで私がやっている、頭の悪い緩急のつけ方を教えちゃいましょう。緩急と言うよりは、緩緩かもしれません(笑)

私のサーブは、正直に言って速くないです(苦笑)

 

回転を多めにかけるスピンサーブがメインで、この遅いサーブを有効に活用するために何をするか?

普通は、回転をあまりかけない速いサーブを時々打って、タイミングをづらしたり、エース狙いをする人が、ほとんどだと思います。ところが私の場合、フォルトが嫌いで、ファーストサーブの確率にこだわっているものですから、違う方法で緩急を使います。

それは

・・・・

・・・・

・・・・

さらに遅~いサーブを時おり混ぜます。

 

とんでもなく遅いです。蚊が止まっちゃうようなサーブ(笑)
但し、回転はいつも以上にかけるので、サーブのムーンボールと思ってもらうとイメージしやすいかも。。。

 

とんでもなく遅いので、試合中、ギャラリーが笑うくらい。。。エースは100%取れません。がしかし、ポイントは良く取れます^^

遅いサーブをさらに遅くすることで、緩急になるんですね^^

 

タイミングがずれて、ミスってくれちゃったりします。その後、普通にサーブを打つと振り遅れてくれたり。。。そんな事を試合中にやってるんです。弱いプレーヤーが勝つための知恵とでも言うんですかね。

 

勝つために

毎日のように沢山練習して、スピードのある球をバンバン打てるようになれば良いですが、そうでなければ、頭を使いながら、

「どうやって相手のタイミングをずらそう?」
「自分の球をどうやって有効に生かそう?」

こんな事を考えながらやらないと、いつまでたっても勝てません。

緩急をつけたショット。意識しながら、相手を惑わしましょう!

reportbanner

2 Responses to “テニスでも緩急は大事”

  1. 匿名 より:

    ときよりではなく時折
    ときおりでは?

    • 管理人 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      該当箇所を修正致しました。

      今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す