テニスでピンチは、カウンターのチャンスあり!

ダブルスの試合をしていると、力のないショットを打ってしまい、相手にチャンスボールを与えてしまうこともたびたびあります。

相手がスマッシュ態勢やボレーで叩く態勢に入った瞬間、初心者の方だと諦めてしまうことが多い。
でも、ピンチはチャンスに変わる可能性があります!!

 

カウンターを決めろ!

どういう事かと言うと、自分が前衛ポジションにいた時に、相手が「チャンスボールだ!」と思って、自分の足元に力強いスマッシュやボレーを打ってきたとします。

相手は、もう決めるつもりで打ってきますので、そのショットが返球されると思っていない事がほとんどです。

 

そこで、とにかくラケット面を合わせるだけでも良いので返球できたとすると、相手は決まったと思って油断しているので、緩いショットでもエースになる可能性が高いです。

相手が速いショットで打ってくるのを返球するわけですから、相手に時間的余裕もないので、もし返球できれば大チャンス!エースになっちゃう確率が高いわけです。

 

いわゆるカウンターって言うやつですね。
相手が攻めているところを一発で形勢逆転できるショットです。

 

abataカウンターを決めるために注意している点

私は比較的、ボレーのカウンターショットが多いのですが、相手が構えた時に意識している事は

  • 少し怖くても、とにかく相手から目を離さずに、最後の最後まで相手が打つのを良く見る。
  • 姿勢はやや低くして重心を落とし、相手の速いショットにも負けない土台をつくる。
  • テイクバックなどせずに、体のヒネリを利用して瞬時にラケットを動かせるようにする。
  • フォームは二の次で、ラケット面に当てることだけに集中。

こんな点を意識して、密かにカウンターボレーを狙っています。

 

もし、見事にカウンターでボレーが返球できて、ポイントを獲得できたら、相手の精神的ダメージは大きいです!
なにしろ、決まったと思ったショットが、相手のポイントになっちゃうんですから。しかも、やっと返球できたへろへろなボレーで・・・。

 

最後に

相手にダメージを与えるのに効果絶大なカウンターボレー。とにかく諦めずに最期までボールを見て対応していきましょう!

但し、ボールが当たると痛いので、もの凄く至近距離の場合は、諦めて逃げるのが良いかも(^_^;)

私の場合、至近距離でもあまりよけないですが、意外と当たりません。
どうしても危険な時は、無意識に体が反応するようです。

reportbanner

コメントを残す