テニスで重要なスプリットステップ

テニスにおいてフットワークは非常に重要です。
良くテニスは「アシニス」だと言われるほど、フットワークは大事!

ダブルスにおいて、特に重要なフットワークとして、スプリットステップがあります。

 

スプリットステップとは?

スプリットステップとは、相手がどこに打とうとしているのか、すぐに反応できるようにするために、ポンと両足で軽くジャンプするようなフットワークです。

相手が打つ瞬間、全てのショットにおいて、行われる動きですが、特にリターンとサーブを打った後のファーストボレーの時にスプリットステップをするかしないかで、大きな反応速度の違いが出ます。

 

テニスを長年していると、勝手にスプリットステップをしていて、意識しなくても行っているように習慣化されるのですが、テニス初心者の方は意外とやっていないんですよね。

相手が打つときは軽くジャンプして、次の球に備えましょう。

 

はじめは、意識してやってみる

はじめは、習慣化されていないので意識して軽くジャンプしてみましょう。
右に動きたいときはジャンプ中に左足で地面を蹴る準備をする。右に動きたいなら左足で地面を蹴る準備。

前に移動したいなら、空中に浮いている間に軸足で地面を前へ蹴る準備等々を行います。

テニスは奥が深いですね・・・
このスプリットステップをやらないだけで、試合で勝てなくなっちゃいます。

 

お手本となる伝説のプロテニスプレーヤー

ちなみにダブルス選手ではないですが、私がスプリットステップの参考としたプロ選手は、シュテフィー・グラフ

彼女のフットワークとスプリットステップは、素晴らしいです。

【シュテフィーグラフの動画】

reportbanner

コメントを残す