テニスで離れたボールのボレー対応方法

ボレーについての質問を、続々といただいています。やはり、ボレーに対して苦手意識のある人が多いみたい・・・
打ち方などは、ボレーはかなりシンプルなんですけどね。

事実、サーブやストロークと比較すると、プロの選手を見ても、ボレーは個性がほとんど無い。よりシンプルな動きなので、みんな同じような打ち方に見えちゃいます。

 

シンプルな動きだからこそ、一度自分のものにすると、なかなか崩れにくいのがボレーですね^^

ま、ボレーが嫌いな人から言わせると、

「プロみたいに上手くいかないから、へんてこなボレーフォームになってんだよ!」

と良く言われますが・・・(T_T)

 

さて、今回もボレーについての質問を紹介しますね。

 

遠いボールのボレーの打ち方 質問&回答

Oさん(男性)からの質問

体から離れた球にやや飛びつく感じで、バックハンドボレーをする場合、(ちょっとムリな体勢でボールを取らないといけないような場面です)

これも当てて返すだけが精一杯で、返球も浮いて短くなってしまうことが多いです。
こういうときは、左手のフォローもやりずらいので、右手1本で当てています。
こんな場面では、右手首にしっかり力を入れて固定して、ラケットの面をやや下向きにした感じで、ボールの勢いに負けないように力を入れた方がよいのでしょうか?
ムリな体勢なので、ムリにいいボールを返そうと意識しなくてもいいのですが、そういう場合でも、できるだけ深く相手のコートに返せるようになると良いなと思っています。

man-hatena

 

abata回答

体から離れたボールをボレーしようとすると、はじめっから右手一本(右利きの場合)で何とかしようする人が多いですね。
右手一本で遠いボールを打とうとすると、どうやってもボレーに勢いがつきません。

バックボレーでは左手でラケットの、付け根(スロート部分)を持って、体の開きを抑えながら、ためを作るのが大事。

遠いバックハンドボレーでも、左手の動きは非常に重要です。

 

なるべくぎりぎりまで左手でスロートを支えて、左手を離すと、ラケットが支えられていた力が解放されて、右手に持っているラケットが勢い良く加速します。

イメージとしては、弓みたいなものですね。
弦を引いている右手をはなした瞬間、矢が飛んでいくイメージです。びゅ~ん

左手で抑えていたラケットをはなした瞬間、力を入れた右手に持ったラケットが加速していくわけですね。

ですから、左手は超重要です!!

左手を強調しすぎかな?と思わせるぐらい重要(笑)

 

相手に背中を向けてしまう

この時、遠いボールに対しては、相手に背中を向けるくらいにして、左手を広げる事でバランスをとります。

左手で支えていたラケットを放した反動と相手に背中を見せるくらいの右手の伸びを行う事で、ラケットに勢いをつけます。
この感覚だけで、ボールに勢いはつく!

ですから、ラケットの前後の動きとかはあんまり意識せずに、足の横への踏み込みと、左手を離した瞬間から、ボールにあたるまで、ラケットが動く距離の力で、ボールに上手く力を加えましょう。

 

ラケット面は上向きで、スライス回転を

【質問抜粋】

> こんな場面では、右手首にしっかり力を入れて固定して、ラケットの面を やや下向きにした感じで、ボールの勢いに負けないように力を入れた方が よいのでしょうか?

 

ラケット面を下向きにする事は、ボレーでは基本的にはありませんから、やや上向きの面ですね。

よほどのハイバックボレーでも、私の場合は上向きの面をキープします。あとは、ナチュラルにスライス回転がかかれば、ボールが浮くこともありません。

 

ハイバックボレーで、うちわのような動きで打つことも球にはありますが、ミスが多くなるので、極力使いません・・・。

バックボレーのコツとしては、左手をはなした瞬間、両手を広げるような感覚を覚えると、バックボレーは格段にうまくなりますよ。そしてこれができると、周りから見ていて美しい(笑)

 

バックボレーは、一度フォームが固まると、一番ミスの少ないショットだと私は思っています。フォアボレーなどより自由が利かない分、機械のように安定します^^

是非、バックボレーを好きになってくださいね (*^o^*)

PS:とにかくボレーだけを集中的にマスターしたいならこちらのDVD
↓↓↓
決定力がアップするフォアボレー・バックボレー

reportbanner

コメントを残す