テニスのサーブで打点を高くするためには意識してジャンプする必要あり?

テニスの上級者になると、サーブをジャンプをしながら打っている人がほとんどです。プロの選手なんかは、とても躍動感がありますよね。

初心者テニスプレーヤーの方の中には、そのサーブを真似して意識して高くジャンプしている人もいます。するとジャンプのタイミングが合わなかったり打点がずれたりと、なかなかサーブが安定しなかったりします。
そんな悩みを持っているテニスプレーヤーさんから質問があったので、uepon流で回答します。

かなり独自理論が入っていますので、参考程度に読んでみてください(^o^)

 

サーブを高い打点で打つには、どうすべき? 質問&回答

Lさんの質問

自分は去年から硬式テニスをし始めている高1です。

そこでサーブに関しての相談があるのですが、サーブを打つためにトスをあげてジャンプしている途中で出来るだけ高い打点で打たなければいけないのですが、ラケットとボールが当たった時に地面についてしまっていて変なタイミングで打ってしまう癖がついてしまっていて、部員や顧問にボールを待てていないなどと言われ続けられているのですが治りません。

自分としては対策としてトスを安定させてみたり、低くしてみたり、ボールに当たるまでのスイングスピードを上げてみたり、いろいろ試しているのですが全く治らずどうすればいいかわからなくなって悩んでいます。どうしたらいいでしょうか?

man-hatena

 

abata回答

まずは、できるだけ高い打点で打たなければならないという考えは、いったん捨てましょう。

確かに一番高い打点で打つことが出来れば、サーブの確率は上がるような気はしますが、回転をかけるようなサーブであれば、必ずしも一番高い打点で打つ必要はありません。

 

実際に私は、回転をかけるサーブを打つ時は、腕とラケットを伸ばしきった高い打点よりも、やや低い位置でサーブを打っています。

「一番高い打点で打たなければならない!!」と強く思うと、タイミングを外したり、バランスを崩しやすくしますから、「自分の打ちやすい打点で打つ!」事を心がけたほうが良いと思います。

 

具体的には、トスを上げて足の膝を曲げます。
膝を曲げることによって、下半身にパワーがたまるので、トスしたボールが自分の打ちやすい場所に来たら、パワーを貯めた下半身を一気に開放して、サーブを打ちに行くことで、自然とジャンプする様になります。

ですから、高い打点で打つためにジャンプするのではなく、下半身のパワーをボールにぶつけるような感覚でサーブを打つようにすると、自然とジャンプするので、タイミングも合いやすくなるはずです。

 

自分の打点でサーブを打つ練習法

今の癖をいったん強制的に治す練習としては、第一段階として膝をあまり曲げずにジャンプをしないでサーブの練習をしてみるのはどうでしょうか?

ジャンプをしなくても、そこそこ良いサーブは打てるので、まずは自分の打ちやすいサーブの打点をここでマスターします。

 

次の段階として、膝を曲げはじめて下半身にパワーを貯めて、今までマスターした自分の打点にむかってパワーを開放すると同時に自然とジャンプする様にすると、タイミングの感覚が掴みやすいように思われます。

是非、下半身に貯めたパワーをサーブするボールに伝えるために、自然とジャンプするサーブの感覚を掴んでください!

 

まとめ

サーブの得意なテニスプレーヤーは、下半身のパワーを上手くボールに伝えています。

自然とジャンプし、それもサーブに推進力をつけるために真上ではなく、斜め前方向にジャンプしています。ジャンプというよりは、足の蹴りとでも言うのでしょうか。

はじめは難しいかもしれませんが、何度もサーブ練習をして、下半身のパワーを開放して自然と斜め前に蹴りだす感覚を掴んでみましょう!

reportbanner

コメントを残す