テニスのサーブで肩がうまく上がらない場合の練習法

サーブのフォームで、右肩(右利きの場合)がうまく上がってこない悩みをもっている一般テニスプレーヤーが多いです。

理由としては、普段の生活で肩より上に腕を上げる動作ってあまりないので、いざテニスの時にやろうとしてもすぐには体が思い通りにならないからだと思います。
特に、小さい頃から肩を上げてボールを投げる習慣がない女性プレーヤーで同じような悩みを持っている方も多いです。

右肩がうまく上がっているのか?ちょっと不安なテニスプレーヤーさんから質問を頂いたので、練習法など含めて紹介します。

 

テニスのサーブに関する質問&回答

Yさんからの質問

先日はアドバイスありがとうございました。今回も是非アドバイスいただきたいです。

フラットサーブのインパクトの傾きについてです。

私の場合(右利きで、足をよせないタイプ)どうしても、右肩が上がって左肩が下がった状態のインパクトの形が実現できません、野球でゆうところのスリークオーターのようなインパクトになってしまいます。左手が胸に収まった、極端に言うと内野手の投球フォームになってしまうんです。

以前のプログでは脚の重心を意識したアドバイスがあったので練習してましたが、どうしても実現できませんでした。それを踏まえて自分なりの分析で、右肩の上にトス、トロフィポーズで肩の傾きを大きくする、トロフィポーズで右足に4割程度重心をかける、フィニッシュで左手をお腹に収める意識。これらのことに取り組みましたが、やはりできませんでした。

 

そしてスリークオーターになるので自然なプロネーションの結果フォロースルーが前方ではなくスピサーブのフォロースルーのように横に収まってしまいます。

全く肩の入れ替えができていないのでしょか?アドバイスいただければ幸いです。よろしくですお願いします。

man-hatena

 

abata回答

 

サーブの時に、上手く肩が上がらなかったり、横振りになってしまうプレーヤーに私がアドバイスする時は、

 

1.ラケットを置いて、遠投の練習をする

コートの端からとにかく遠くにボールを投げようとすると、自然と上から投げようとします。
右利きだとすると、左手を大きくあげて、上げた左手を下げる勢いを利用しながら、右肩を上げていく動作をすることでボール遠くに投げられるようになります。

まずは、遠投を何度もすることで、肩も含めた体全体のサービス動作のイメージを徹底的に体にしみ込ませると良いです。

 

2.地面にサーブを叩きつける

次の段階としては、遠投で身につけたイメージをラケットを使ってやってみます。

この時に、いきなりサーブを入れようとはせずに、「肩をしっかり上げて強くボールを打てるようになっているか?」を確認します。練習として、サーブを自分のポジションのすぐ近くの地面に叩きつけて、バウンドしたボールが相手コートに入れる練習をすると良いと思います。

いつもよりもトスをかなり前に、しかも低めに上げて、とにかく強くサーブを斜め前の地面にむかって打ち込みます。

【地面に叩きつけるサーブのイメージ参考動画】

 

遠投の動きが身につき、左肩と右肩の入れ替えをスムーズに行えるようになっていると、力強いショットが打てて地面に打ったサーブがバウンドして、相手コートまで届きます。

サーブが得意なプレーヤーだと、バウンドしたボールが相手コートをはるかに超えて後ろの柵まで届くなんて感じになります。いきなりそこまでは無理ですが、しっかりと強いボールが打てているのか?叩きつけるサーブで確認すると良いですね。

 

3.入らなくても良いので、オーバー気味にサーブを打ってみよう

地面にサーブを叩きつけて、強いボールが打てるようになっていたら、上手く肩の動かし方がマスターできているはずです。
そうなったら、実際にサーブを打ってみましょう。

但し、いきなりサービス枠内にサーブを入れようとすると、フォームが縮こまってしまって右肩がうまく上がらないかもしれないので、サービスラインをオーバーするくらい(バックアウトしてもよいくらい)、の気持ちで打ってみましょう。

 

4.サービスライン内入れるように微調整

右肩をしっかりと上げて、オーバーするくらいの力強いサーブが打てるようになったら、サービスライン内に収まるようにサーブに回転をかけたり、高さを調節して、サービスライン内にサービスを入れるようにしていきましょう。

 

こんな感じで、段階を踏んで大きく肩を動かすイメージを体で覚えながらサーブを打てるようになると、肩の動きもスムーズになるはずです。

時々、「自分のイメージ通りのサーブの動きをしているのか?」携帯電話やスマホの動画撮影を、テニス仲間にお願いして撮影し、自分でチェックすると良いです。

色々なことに気付き、スムーズな肩の動きになる改善点が見つかるはずです。

 

サーブの動作練習の一例ですが、もし肩の動きに悩んでいたら試してみる事で、何か改善の気づきがあるかもしれません。

reportbanner

2 Responses to “テニスのサーブで肩がうまく上がらない場合の練習法”

  1. ミカエラ より:

    いつもお世話になっております。
    今日は、サーブの投稿を読み、私もサーブで悩んでいるので、ひとつ質問させてください。
    私は、体型がやせていて、体質として太れません。なので自分ではパワーがないと思っています。また男性とプレーすることが多いので、パワー負けしないように、自己流ですが、両手打ちにしています。
    その結果、ストロークはまぁまだよいのですが、サーブがまったくパワーがなく、サービスゲームをあっさりとられることが多いです。サービスは入るのですが、スピードがないために、サービスの意味をなしてないのが、悔しいです。
    片手でプレーするハイボレー(スマッシュ)も、正直あまり得意ではありません。。。片手だとラケットが重く感じて、ちゃんと振り切れないです。ラケットは軽量のものを選んでいるので、自分の振りかたが悪いのだと思います。
    サーブやスマッシュのとき、腕のどのあたりを意識して振り切ればいいのでしょうか?スピードをだすために、どういった練習をすればいいでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • 管理人 より:

      回答が遅くなりまして申し訳ございませんm(_ _)m

      サーブについての回答が長くなるので、本文記事として掲載致します。
      記事を参考にして頂けると嬉しいです。

コメントを残す