テニスのサーブを安定させるには?

サーブは、多くの一般テニスプレーヤーが悩んでいるショットですね。
私に対する質問も一番多いショットのような気がします。。。

サービスゲームを有利にすすめられれば、試合での勝利がグッと近づきますから、どんなテニスプレーヤーでもサーブを安定させたいと思うのは必然です。

さて、そんなサーブについて、多くのテニスプレーヤーが悩んでいるような代表的な質問があったので、回答を含めて紹介します。

 

サーブの安定性を上げるには? 質問&回答

Sさんの質問

またまた質問させてください。
現在大体週1回テニスをしています。その日集まれるメンバーとダブルスの試合をしておりますが、最近気になることとして、サーブの出来不出来が日によって大きく違ってしまうのです。

何とも情けない話ですが、練習で良くても試合でだめだったり、その逆だったり、と色々あります。メンタル的な部分も少しあるとは思っております。
安定性を上げるためには(正しい)練習あるのみだとは思うのですが、試合中何かいい修正法などありましたら、是非ご教示ください。

よろしくお願い致します。

man-hatena

 

abata回答

サーブの質問につきまして、早速回答致します。

Sさんの質問の中に

サーブの出来不出来が日によって大きく違ってしまうのです。

と記載がありますが、これはどのテニスプレーヤーも絶対にあると思ったほうが良いですね。
世界のトップ選手でも、試合によってサーブの確率が変わるくらいなので、我々一般テニスプレーヤーは、当然のようにサーブの調子の波があります。

但し、その調子の波をある程度小さくする努力は必要です。

 

普段のサーブ練習

普段のサーブ練習では、試合の時に打たないようなスピードを追い求めたサーブや、ファーストサーブだけを練習したりしがちですが、試合を想定した回転をかけたサーブや、セカンドサーブをしっかりと練習した方が良いです。

 

いくら練習で、もの凄い速いサーブが打てるようになっても、確率が非常に悪くて試合で打てなければ意味が無いので、普段から試合を意識したサーブ練習が大事です。

それと、トスアップが自分の思ったところ近くに安定してあげられるようになると、サーブの確率もグッと安定してくるので、普段からトスアップの練習をするのはオススメです。

 

トスアップについては、コート上でなくてもいくらでも練習が出来ますので、頑張ればトス名人にもなれます。
コートサイドでも、庭でも、トスアップの練習はできますし、家の中でも座りながらのトスアップ練習もできちゃいます。

試合の緊張感の中でも安定したトスアップができれば、サーブの確率の波は小さくなりますから。

 

試合中での修正

試合中にどうにもサーブが入らなくなってしまった場合、だんだんと弱気になりサーブのフォームが縮こまってしまい、余計にサーブが入らなくなってしまう場合が多いです。

私が、サーブの調子が悪い時に注意している点としては、

 

とにかく振りきってサーブの回転量を増やす。

サーブが入らなくなったら、あえていつも以上にラケットを振り切るように意識しています。

スイングスピードを弱めてサーブを入れにいこうとすると、微妙な力加減が必要になり、余計にどつぼにはまって、フォルトを繰り返したりするので、とにかくラケット振って、サーブの回転量を増やして相手コートに入れるようにしていきます。

 

トスアップに集中

トスが大事だと前述しましたが、試合中にサーブが入らなくなると、サーブのフォームなどに気を取られてしまい、トスが疎かになりがちです。

とにかくトスアップを集中して行うことで、サーブのリズムを取り戻せる事もあります。
また、調子が悪くてもトスが自分の思ったところにさえ上げられれば、意外とサーブが入りはじめたりするので、トスは集中して丁寧の行うことをオススメします。

 

それでもどうにもならなければ・・・

振りきっても、トスを安定させても、それでもサーブの確率が上がらなければ、私の場合ファーストサーブからセカンドサーブを打つようにしています。

 

もし1本目のセカンドサーブが入らなければ、本来のセカンドサーブでも同じ様にセカンドサーブを打ちます。つまりセカンドサーブを2回打つ感じです。

相手に攻められることも多いですが、自滅するよりも勝てる可能性は高まります。

数年に1回くらい、サーブの調子がどうにもならない時はそうしています。
この方法が良いか悪いかはわかりませんが、苦肉の策です。

 

調子が絶不調なので、ファーストサーブからセカンドサーブを打っても、入らない場合も多々ありますので、2本セカンドサーブを打つことも当然あります。

絶不調なので、セカンドサーブを2本打ってもダブルフォルトする場合もありますが、普通のファーストサーブを打つよりも、ダブルフォルトの確率は大幅に軽減できます。

 

セカンドサーブを2本打つ場合も、トスに注意し、当然ラケットはとにかく振りきる事が大事です。

ファーストサーブから、普段打っているセカンドサーブを打つことで、サーブの確率が上がってくれば、精神的にも落ち着いてきて、普段のファーストサーブも入り出す可能性もありです。(私もたまに調子が戻ることもあります)

 

まとめ

試合中にサーブのフォームを修正する事は、なかなか出来ないことなので、やはり普段からのサーブ練習が重要になります。
是非、緊張感の中でも調子の波が出づらいサーブを身につけていきましょう。

 

「そもそも回転系のサーブなんて出来ないや・・・」と思っているのなら、是非とも練習してマスターしましょう。
テニスの幅がグッとひろがりますから練習すべきです。

「回転系のサーブなんて初心者には無理!」なんて思いがちですが、正しい方法で実践すれば、誰でも打てるようになります。
是非、諦めずに練習で回転系サーブにチャレンジしましょう!

⇒ 回転系サーブを効率的にマスターしたいのなら、このDVDノウハウ!

 

reportbanner

コメントを残す