テニスのサーブスピードを速くするためには、何を意識する?

テニスプレーヤーでサーブが苦手という人は、とても多いですね。

特に女性プレーヤーは、サーブが苦手という人がほとんどです。私のまわりの女性テニスプレーヤーも、ほぼ100%サーブが苦手と言ってます^^;

今回は、多くの女性テニスプレーヤーと同じ様にサーブに悩みを持った非力な女性テニスプレーヤーさんから質問を頂いたのでuepon流で回答します。

 

サーブのスピードがなかなか出ません。 質問&回答

Mさん(女性)の質問

いつもお世話になっております。
今日は、サーブの投稿を読み、私もサーブで悩んでいるので、ひとつ質問させてください。

私は、体型がやせていて、体質として太れません。なので自分ではパワーがないと思っています。また男性とプレーすることが多いので、パワー負けしないように、自己流ですが、両手打ちにしています。

その結果、ストロークはまぁまだよいのですが、サーブがまったくパワーがなく、サービスゲームをあっさりとられることが多いです。サービスは入るのですが、スピードがないために、サービスの意味をなしてないのが、悔しいです。

片手でプレーするハイボレー(スマッシュ)も、正直あまり得意ではありません。。。片手だとラケットが重く感じて、ちゃんと振り切れないです。ラケットは軽量のものを選んでいるので、自分の振りかたが悪いのだと思います。

サーブやスマッシュのとき、腕のどのあたりを意識して振り切ればいいのでしょうか?スピードをだすために、どういった練習をすればいいでしょうか?
よろしくお願いします。

woman-hatena

 

abata回答

サーブやスマッシュは、筋力があるに越したことはないですが、筋力がなくてもある程度のスピードや威力のあるショットは打てるようになります。

プロのサーブなど、力任せに打っているようですが、良く見るとそんな事はありません。非常にリラックスした状態から、インパクトに集中してラケットヘッドを加速させています。

 

プロと同じようにはいかないと思いますが、力に頼るのではなく、リラックスした状態からインパクトに集中して力を入れるコツをつかむと、ラケットヘッドが加速してボールのスピードも増すはずです。

<リラックスしたフォームの代表的選手:フェデラーのサーブ動画>

 

サーブやスマッシュを打つ時にどこを意識すべき?

【質問の重要ポイント】

サーブやスマッシュのとき、腕のどのあたりを意識して振り切ればいいのでしょうか?

 

私がサーブやスマッシュを打つ場合、具体的には、打つ瞬間(インパクト)まではなるべく腕に力を入れないようにしています。
むしろ、足にバランス良く体重が乗っているか?体のバランス(体幹)が崩れていないか?などを意識しています。

 

腕にあまり力を入れないと、ラケットヘッドの重みを感じるのですが、サーブやスマッシュを打つ瞬間に、ラケットのグリップをギュッと強く握るようにすると重みを感じていたラケットヘッドが加速して、「シュッ」となる感じがしてスピードのあるサーブやスマッシュが打てます。

これが、はじめから腕に力を入れちゃうと、ラケットヘッドが走らずに「ゴツッ」としたあたりになり、あまりスピードが無くなってしまいます。

 

まとめると、腕はなるべくリラックして構えて、打つ瞬間に集中してギュッと握るようにする。
これで、ラケットヘッドが走り、少しスピードのあるサーブが打てるはずです。

感覚的な表現が多くてすみませんm(_ _)m

 

スピードを出すためのサーブ練習法

スピードをだすために、どういった練習をすればいいでしょうか?

オススメは、1人コートで黙々とサーブを打つ練習です。
面白みはないですが、反復練習することでリラックスした状態から、インパクトでラケットヘッドを走らせる感覚をつかめる確率があがります。

時々、自分のサービスフォームを動画にとって、イメージ通りにサーブを打っているのか?確認すると良いと思います。

 

少しでもスピードのあるサーブが打てるようになると、嬉しいものです。ただし、一般テニスプレーヤーのレベルであれば、ノータッチエースをとらなくても十分にサービスキープは出来るようになるので、あまりサーブのスピードにこだわり過ぎるのはオススメしません。

 

スピードがなくても、試合に強いサーブ

私のテニス仲間でも非常に痩せている女性テニスプレーヤーがいるのですが、サーブのスピードはそれほど速くはないのですが、強いプレーヤーがいます。

その女性プレーヤーが打つサーブは、そこそこのスピードなのですが、

・相手が打ち込みにくい
・相手が攻めようとすると、意外とミスしやすい

こんなサーブを打っています。

 

具体的には、バウンドしてもあまり跳ねないスライスサーブです。
低くバウンドするサーブを無理にリターンで打ち込むと、ネットにかかりやすいので、相手もなかなかリターンで勝負しづらいです。

 

スピードはそれほど無くても、キレの良い回転のかかったサーブは、相手にとって嫌らしいサーブとなります。

リラックスした状態から、インパクトでラケットヘッドを走らせて、やや横回転をかけるようにすると、打点の低い女性プレーヤーでも攻撃しにくいサーブを打てるようになります。

是非、試しに練習してみてください。

reportbanner

コメントを残す