テニスのショートラリーで短いボレーの練習もしちゃう

僕は、テニスの練習をする時に、ほぼ100%実施する練習メニューがあります。それがショートラリーです。

ショートラリーとは、テニスコートのサービスライン内で、ネットをはさんで打ち合う練習です。お互いのサービスライン内での打ち合いですから、その名のとおり短いショットになります。

 

ショートラリーは、ウォーミングアップとラケットの感覚をつかむ為、テニス練習の序盤に行う事が多いですね。

特に回転を重視して、ショットの感覚をつかむのに適しています^^
テニススクールでも実施している事が、とっても多いですね。

【関連記事】


 

オススメのショートラリー練習法

通常、ネットをはさんでお互いストロークをするのですが、僕の場合、ショートラリーで、相手が打ちやすいようにボレーで返球する練習をする時もあります。

ショットラリー版のストローク&ボレー練習です。

「こんな事やっている人は、あんまりいないのかな?」
と感じていたのですが、そうでも無かったです。

 

ユーチューブでかつての世界ナンバー1女王、ジャスティン・エナンのショートラリーの練習風景が、動画であったのですが、相手のコーチがボレーをしてます。

動画が開始されて、1分くらい経過すると、コーチが写ってくるのですが、回転のかかった短めのボレーを打っています。
僕も同じ様に短めのボレーをショートラリーでは打つんです。(ここまで強く回転をかけることは少ないですが)

 

変形ショートラリー練習のメリット

この練習の良いところは、アンダースピン(スライス回転)をかけて、短めのボレーが打てるようになるところ。

短めのボレーを打たないと、サービスラインを超えてしまいますからね。

このボレーですが、打つ方向をちょっと上にすれば、ドロップボレーも自然と打てるようになるし、意識して角度をつけてボレーをすれば、アングルボレー(短く角度をつけるボレー)も打てるようになります。

 

また、何と言っても、短いラリーなので、短時間でショットを沢山打てるのがとっても良い練習になりますね^^
かなりおススメの練習です。

逆回転のかかった(スライス回転)ボレー感覚や、ドロップボレーやアングルボレーをマスターしたいのなら、ウォーミングアップをかねて試してみてください。ボレーのバリエーションが広がりますよ(^∇^)

PS:
ジャスティン・エナンのシングルバックハンドは、女性とは思えないパワフルさで、いつ見ても憧れます!

【ジャスティン・エナンのバックハンド動画】

コメントを残す