テニスのストロークの威力を増すには

フォアハンド、バックハンド、サーブ、ボレー
いずれのショットにおいても、球の威力を増そうとすると、ついついスイングを大きくしたり、スイングスピードを速くする事に意識がいきます。

が、スイングを大きくするよりも、球の威力を効果的にあげる方法があります。

それは、下半身をしっかりと使うこと。

足、腰の力がラケットに伝わってこそ、はじめて威力のあるボールが打てます。

 

コンパクトな打ち方でも威力のあるショットは可能

プロの選手では、コンパクトなスイングなのに威力のあるボールを打つ人が沢山いますね。

つまり、スイングが大きい=威力があるショットを打てる

では無いってことです。

では、「具体的には、どうやって威力のあるショットを打つのか?」
それは、足の蹴りですね。

わかりやすいのがストローク。

 

足の蹴りでボールに力を伝える

打った後の軸足(利き足)が、地面を蹴っているようになっているか?
一度チェックしてみてください。

サーブだと自然とジャンプするような感じです。

もし、下半身の力が伝わっていないようだと、打つ前と打つ後で、同じところに軸足があります。

 

逆に、軸足で地面を蹴って前に進んでいる感じだと、威力のあるボールが打てます。

もし、自分の球に威力が無いと思ったら、軸足にしっかりと体重を乗せて、一気に蹴るようなイメージで打ってみてください!

きっと球筋が変わりますよ!

PS:
最新のフォアハンドをDVDで徹底解説!
回転量が多く威力のあるフォアハンドをマスターするには。
「実戦ワイパースイング フォアアンド編」

コメントを残す