テニスのスプリットステップのイメージとは

この前、社会人テニスサークルでテニスの練習をしていたら、テニス歴1年程度の方から、質問を受けました。

「ショットするための動きが、いつも遅れてしまう」
との事でした。

そこで、ちょっくらショットを打ってもらったんですが、
一瞬でわかった事がありました。それは、スプリットステップがわざとらしい(笑)

まさにわざとジャンプしている感じ。

 

スプリットステップとは?

ところで、スプリットステップとは何なのか?
ちょっと説明しておきますね。

スプリットステップの目的は体の方向転換で、小さくジャンプして、着地するまでに、ボールがフォアサイドかバックサイドに来るのか?前なのか後ろなのか?を判断し、着地したときには、向かう方向に足が動き出せるようにするステップ。

テニスにおいてかなり大事な動きです。

【関連記事】

 

で、質問してきた人は、以前テニスを教えてくれた人から

「スプリットステップが大事だ!」

と言われて、意識してジャンプしていたそうです。

 

確かにスプリットステップは大事です。上達するとほとんど意識せず、無意識にやるようになってます。
ところがこの人は、意識しながらジャンプしていたので、わざとらしい。。。

ステップと言うよりは、ジャンプに近い。
大きく上にジャンプしちゃうと次のショットへの反応が遅くなっちゃいます。

 

本来、スプリットステップは、次の動きにつなげるためのステップなので、ジャンプして自分が浮いてしまうような感じではなく、私は姿勢を低くして地面を蹴って飛び出す準備をイメージしてます。

 

つまり、ジャンプするイメージではなく、自分の体勢を低くするように、足の力をパッと抜くようなイメージの方が近いですね。こうすると、体勢が低くなって、地面を蹴る反動を利用して、前後左右どこへでも動きやすくなる!

 

質問してきた人に、スプリットステップのイメージを教えたところ、今までの感覚と違ったみたいで、喜んでくれました。

でも、いちど体に染み付いてしまったものは、なかなか直りません。

その後、スプリットステップを変えてもらいましたが、まだジャンプしている感じは完全には抜け切れなかったです。。。

 

しばらくかかると思いますが、継続して修正すれば必ず改善されます。

ボールに対しての反応がイマイチだな・・・
とか思うようなときがあったら、スプリットステップを見直してみてください^^

伸びるのではなく、沈んで、地面を蹴るイメージです。

PS:
サーブ&ボレーのスプリットステップを踏むタイミングについては、
こちらのテニス上達DVDで学べます。

スプリットステップは場所ではなくタイミング。
自分の打ったサーブとそれを相手がレシーブするところで決まってくる。そのタイミングとは?
↓↓↓
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」

コメントを残す