テニスのスマッシュのコツ&感覚

私の練習メニューについて以前紹介したところ、スマッシュについてのコツや意識について、いくつか質問を受けました。

そこで、私が心がけている事を記事に書きます。完全に個人的な意識なので、そのあたりはご了承ください(^^)

 

スマッシュを安定して打つコツ

半歩多めに下がる意識

スマッシュの落下地点には早めにポジショニングするのが、絶対に良いのは、わかりますよね。
スマッシュを打つ準備が早めに出来ますからね。

で、私の場合、スマッシュを打つ地点より半歩だけ、後ろにポジショニングできる意識を持っています。

 

これは何でかって言うと、スマッシュの距離感をあわせる時、最後に微調整をする場合に、ボールの落下地点より前にいると、とてもスマッシュが打ちづらい。打点が後ろになってしまうと、スマッシュを打つときに踏み込めず、貧弱になってしまったり、ミスが多くなる。

逆にボールの落下地点より後ろにいると、ちょっと前にステップするだけで、もしくは、ちょっと大きめに踏み込むだけで、スマッシュが打てるようになる!

 

よって、余裕があれば、スマッシュをするポジションより、半歩下がるようにしています。

低めの中ロブなんかだと、半歩後ろに行くまでの余裕は無いですが、なるべくそういった意識は持つようにしてます。

 

ちょっと斜めから見るようにする

説明が難しいのですが・・・。相手のロブを正面から見ると、距離感がつかみづらい。

 

たとえば、野球の外野手は正面の球がとりづらいらしいです。これは、ボールの放物線が、横から見ることができないので、距離感がつかみづらい理由だと思われます。(野球は完全素人なので、予想です)

ボールを真正面から見ると、

  • ボールが失速して前に落ちるのか?
  • ボールが伸びて後ろに行くのか?


これがわかりづらい(-_-;)。同じような事がテニスにも言えます。

正面にボールを見てしまうと、距離がつかみづらいので、右利きの場合、ネットに向かってやや左後ろに下がって、ボールの起動を斜めから見られるように移動します。

わかるかな?
説明が難しいなぁ・・・。

 

左後ろに下がりながら、半円を描くように、スマッシュポジションに入る感じですね。そうすると距離感をつかみやすい!
このつたない説明でわかってください(汗)

 

スマッシュの高さに関する対処は、こちらの記事が参考になると思います。

スマッシュが上達すると、ダブルスでは本当に大きな武器になりますよ!
それではまたv(–)v

reportbanner

コメントを残す