テニスのスマッシュは打点が大事。練習で感覚をつかもう

テニスのダブルスで強いペアは、スマッシュが得意なプレーヤーが多いです。
苦しまぎれのロブを、相手が確実にスマッシュで決めてくると、逃げ道がなくなるのでプレッシャーがかかります(^_^;)

逆に、ストロークやボレーが得意でも極端にスマッシュ苦手だと、相手から見ると、
「相手はスマッシュが苦手そうだから、困ったらとりあえずロブを上げよう!」

なんて思われてしまいプレッシャーがかからないので、試合ではなかなか有利に展開できなかったりします。

 

一般テニスプレーヤーにスマッシュが重要な理由

多くの人がスマッシュが苦手だと相手にそこを攻められると薄々わかっているのに、スマッシュ練習に時間をかける一般テニスプレーヤーは本当に少ない。

「スマッシュがそこそこ上達すれば、もっと強くなるのに・・・」と思うペアが私のまわりにも沢山います。

また、「女性だからスマッシュが苦手なのは仕方がない・・・」なんて言う女性プレーヤーもいますが、女性だからこそスマッシュが上手ければ、他のペアより圧倒的に強くなる可能性ありです!

なにしろ、一般女性テニスプレーヤーのダブルスの試合は、本当にロブが多いですからね。スマッシュが得意なら、チャンスボールも多いわけです。

 

と言うわけで、ダブルスで強くなりたければ、ストローク練習を減らしてでも、スマッシュ練習を増やして、ダブルス強化をしましょう!

スマッシュを打つ時に注意すべき点

私がスマッシュ練習時に気をつけていることがいくつかあります。

  1. とにかく足!いち早くスマッシュを打つポジションまで足を動かす。
  2. スマッシュを打つポジションまで動いたら、軸足(右利きなら右足)に体重を乗せる。
  3. ラケットを持っていない手で、ボールを指差すようにしてしっかりと距離感を測る。
  4. 体は正面を向きすぎないようにする。
  5. 無理に高い打点を取らずに、軸足を軽く曲げたままでも良いので、一番力が伝わる打点でスマッシュを打つように心がける。
  6. ラケットヘッドは下げずに、コンパクトに構える。

こんなところでしょうか。

 

とにかく、スマッシュの打点に素早く移動して、スマッシュを打つ準備をするのが大事です。私の場合、スマッシュ練習は、上半身より足を意識する事が多いです。

 

あと、上記の5番について不思議に思う人もいるかもしれません。

スマッシュは背伸びしてラケットを伸ばすようにして、とにかく打点を高くしようとしている人がいますが、そんなに高い打点でなくても相手コートに入ります。

だって、サーブはバックラインの後ろから打って、相手コートのサービスライン内に入れるのに対して、スマッシュはバックラインのずっと内側から、しかも相手コート全体に入れれば良いのですから、打点がサーブの時より低くても、理論的にはスマッシュは入る訳です。

 

よって、多少スマッシュの打点が低くなってもボールに力が伝わる打点で打つほうが、スマッシュの入る確率は上がります。
「打点を高くしよう高くしよう!」と思いすぎないほうが気楽にスマッシュが打てるようになりますよ(^.^)
是非、力が伝わるスマッシュの打点を練習で身につけて、ダブルスの試合で生かしてください!

PS:参考のスマッシュ動画
当サイトで、ダブルス上達DVD1位「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」のスマッシュ編の一部がユーチューブ動画で公開されていました。

reportbanner

コメントを残す