テニスのスライスサーブはバレーボールの木村沙織から学ぶ

以前、バレーボールを見ていたら、ふと、テニスと共通するものを発見してしまいました。

特にその打ち方を良くしているのが、全日本のエース木村沙織選手。

 

木村沙織選手は、多彩なスパイクができる事で、世界でも屈指のアタッカーになっているのですが、打った時のスローモーションがとても、テニスでも参考になる。

それは、何かと言われると、テニスのスライスサーブです。

 

バレーボールのスパイクが、スライスサーブの参考に

木村沙織選手が、時々回転をかけてスパイクを打つんですが、その時に、テニスのスライスサーブと同じように、打っているんですね^^
見ていて感激しちゃいました(笑)

「ボールの叩き方が上手い!」
「あんたはテニスのスライスサーブも上手く打てるよ!」

と心の中でつぶやいちゃいました(^^

 

回転をかけたスパイクとは、スピード重視ではなく、コートに外に切れるように、角度を付けてスパイクします。
その時の手の動きがまるで、テニス上級者のスライスサーブです。

 

バレーボールは、スパイクを打とうとすると、相手はブロックしてきますね。だから、なるべくぎりぎりまで打ちたいコースを隠さなければならない。

だから、木村選手は、
打つ瞬間まであたりの強いスパイクを打つのか?
スライス回転をかけた鋭角のスパイクを打つのか?

わからないようにしています。

 

ボールの右側を振りぬいて、良いスライス回転をかける

スライス回転をかける時、バレーのボールを打つ瞬間に、ボールの右側を振りぬきながら叩いています。

鋭角ではないのですが、この動画のストレートに打つスパイクも、参考になります。


1分57秒の部分と、2分23秒の部分

フラットサーブで打つのか?
スライスサーブで打つのか?
全くわからない、まるでフェデラーみたいです。

 

一般レベルだと、スライスサーブを打とうとすると、はじめっからバレバレのプレーヤーがいます。上手いプレーヤーだと、スライスサーブを打つのか?直前までわかりません。

 

フラットに打つのと同じフォームで、ボールの叩き方で、スライス回転をかけながら、コースを変える木村選手。

是非、木村選手の回転をかけるスパイクに注目してください!スライスサーブのイメージが理解できますよ^^

PS:回転系サーブのイメージは、この動画DVDもわかりやすいです。
どちらかと言うと、初級者~中級者向け。
↓↓↓
「新井流フルスイングテニス塾~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~」

reportbanner

コメントを残す