テニスのダブルスで、サーブ&ボレーのコツ

週末は、いつも通りテニスの練習をしていたところ、同じテニスサークルの女性プレーヤーから質問を受けました。

「ダブルスでサーブ&ボレーをする時に意識している事は何?」

 

この質問をした女性は、実は、なかなか上手いんです(^^
でも、サーブ&ボレーは得意ではなく、サーブを打っても、そのままストロークで勝負する。

ま、女性なので、サーブした後ベースラインにとどまるプレースタイルは普通なのですが、ライバルペアに勝つために、戦術の一つにサーブ&ボレーを取り入れたいとの事。

 

サーブアンドボレーを成功させるために気をつけている事

サーブのコース

私の場合、サーブの威力で勝負するタイプではないサーブ&ボレーをするので、まずサーブで意識する事は、狙ったコースにサーブを打つこと。

ある程度狙ったコースにサーブが入ると、だいたい返球されるリターンのコースを限定できます。

返球されるリターンのコースが想定より厳しいコースであれば、相手を褒めて、失点しても仕方が無い。ちょっとした割り切りも必要ですね。

 

ポジショニング

続いて大事なのが、ポジショニング。

相手がリターンを打ってくる時に、スプリットステップをする場所。スプリットステップがわからなければ、こちらの記事を読んでみてください。

 

スプリットステップを踏む位置は、打ったサーブの場所によって、微妙に変えます。

打ったサーブに対してを返球されるコースを想定するので、打たれる可能性の高い場所でスプリットステップをして準備します。この準備がサーブ&ボレーではとっても大事。

 

このスプリットステップが、自分の理想のポジションで、理想のタイミングで出来ていれば、ファーストボレーの成功確率も、グッとあがっちゃいますね (-^□^-)

 

前に出やすいサーブ

このスプリットステップを自分のイメージする場所で行う為には、前に出やすいサーブって言うのも重要になってきます。
前に出やすいサーブと言えば、

  • スピン系のサーブで時間を稼ぐ
  • 前に出やすいようにトスは若干前に上げる
  • 流れるように前に出る為、サーブは上にジャンプするのではなく、斜め前にジャンプをする。
  • サーブの後はやや前傾姿勢で、自然と着地後の次の一歩が前に進むようにする。

 

こんな事をサーブの時にやるわけですね。

 

私は全てをやっていますが、慣れると意識することなく勝手にやれるようになるので、普段サーブ&ボレーをしないプレーヤーは、はじめは意識して実践すると良いです。

何度もやっているうちに、意識しないでもやれるようになるので、それまで反復して練習する。こうする事で、ダブルスで有効なサーブ&ボレーが出来やすくなりますよ。

 

あ、どうしてもスピンサーブが出来なければ、スライスサーブでも良いですからね。

ある程度時間を稼げれば、あんまりどんな回転だろうが気にしません(笑)
後のボレーは、普段のボレーとそうは変わりませんから、サーブ後のスプリットステップまでをしっかり意識する。

失敗を恐れてやらないよりは、普段から練習して、試合で試しましょう。

PS:

回転系サーブを苦手なら、動画でマスターできるこちらがオススメ。
↓↓↓
確率&スピードを自在に操る回転系サービス

reportbanner

2 Responses to “テニスのダブルスで、サーブ&ボレーのコツ”

  1. もかもか より:

    自分のサーブの組み立てがうまく出来ないので、サービスキープの確率が悪いです。ストロークがイマイチでボレーの方が好きなんですが、ついつい相手の打ちやすい所に打ってしまったり、強い球を強い球で返してしまったりします。
    まずはどのような所に集中して、組み立てていけばいのでしょうか?

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます!

      サービスキープ率を上げることは、試合に勝つ確率を一気に上げることができるので、非常に重要です。
      コメントで簡単には回答できないので、近々記事にして回答致します。

      しばしお待ち下さい。よろしくお願いします。

コメントを残す