テニスのダブルスでの前衛の動き(後衛同士が打ち合った展開で)

硬式テニスのダブルスにおいて、サーブやリターンをしないプレーヤー側を前衛と言いますが、その前衛の動きは勝敗を決める重要な要素になります。

動きのない棒立ちのような前衛だと、相手にプレッシャーを与えられず、相手に好き放題に打たれてしまいます。

 

前衛が前後左右に動くことによって、相手に考えさせたり、撹乱させたりすることが出来るので、例えボールを打たなくてもダブルスにおいて前衛の動きやポジショニングはとっても大事です。

そんな前衛のポジショニングや動きについて、質問があったので紹介します。

 

後衛同士が打ち合う展開での前衛の動き 質問&回答

Mさんからの質問

この前、試合して、相手の後衛とこちらの後衛が、ストレートでうちあう、場面になりました。

わたしは、そのとき、前衛だったのですが、あまりネットには詰めておりませんでした。向こうの後衛から、鋭角の短い球をひろわされネットに引っ掛けてしまいました。
こういった場面での、私の立ち位置ですが、低い球を拾わされないようにネットにべた詰めしておいたほうが良いのでしょうか?

試合は負けちゃって、ペアの人に立ち位置が中途半端だから、足元狙われるんだよ。と、指摘されました。

man-hatena

 

abata回答

試合全体の流れを見ていないので断定はできませんが、一般的な考え方として回答します。

まず、後衛どうしが打ち合いをしているということなので、もし自分の方向へロブが打たれても、後衛がある程度カバーできるはずです。

ですから、前衛のポジショニングとしては、やや前目にして、甘いコースや浮いたショットを確実にボレーで仕留めるように意識すると良いです。

 

但し、ベタ詰めしすぎると、相手に好き放題にロブで抜かれてしまうので、前衛のポジショニングとしては、やや前目に構えること。

そして、相手が打つフォームを見ながら、ロブがないと予想できた場合は、さらに前に詰めてネットに近づくようなフットワークとポジショニングをすると、相手にもプレッシャーがかかるはずです。

相手の後衛のポジショニングやショットを打つフォームを見ながら、前後左右、斜め前や斜め後ろなど前衛が動くことによって、相手にプレッシャーをかけます。

 

相手にプレッシャーがかかって、あまくなったボールは、前衛が決めるチャンスです!
前目のポジションを取っていれば、相手が足元に沈めるのもより難しくなります。

前衛の動きで、相手にプレッシャーがかかって、相手が勝手にミスしてくれたりもします。これも前衛が決めたポイントのようなものです。

自分がボールを打たなくても、ポイントが獲得できるのは理想的ですね(^^)

前衛の動きによって、相手後衛のプレッシャー具合が変わってきますので、常に考えながらポジショニングを行ってみてください。


shoes03私のダブルスでの経験談

ちなみに、私達のダブルスペアは、2人でガンガン前にプレッシャーをかけながらボレーで攻めるので、あまり後衛同士が打ち合う展開がありません。

それでも、ロブで抜かれてしまった場合など、後衛同士が打ち合う展開が稀にあります。
こんな展開の時、私が前衛の場合は、いつも以上に大きくポジションを動くように意識しています。

「少しでも浮いたショットは、いつでもボレーで叩くぞ!」

と、相手にプレッシャーをかけるように、動きまくります。実際にボレーで決まるケースはあまりないのですが、相手がより厳しいコースを狙ってサイドアウトやネットに引っ掛けるケースが発生するケースが多いです。

地味ですが、こういった前衛の動きで1ポイントでも多く取れるようにしています。テニスって本当に足が大事なんです!

reportbanner

コメントを残す