テニスのダブルスでは、短いボレーも効果的

テニスをはじめた頃ボレーの練習をすると、深めに長く打つことを意識することが多いと思います。私も思い返してみると、テニスをはじめた頃は、コートの深くにボレーをする練習をしていた記憶があります。

 

また、1人がボレーで、1人がストロークで打ち合うような練習をすると、ラリーが続くようにボレーヤーがストローカーが打ちやすいように、長めのボレーを打つので、いつの間にか「ボレーは長めに打つ」なんて意識が付くのかもしれません。

 

長めの深いボレーは、シングルスでのボレーや、ダブルスでのファーストボレーなどでとても有効ですし、決めるボレーとしても打つことがあります。

しかし、ダブルスの場合、意外と決定力があるのが短めのボレーです。

 

短いボレーと言っても、ただ単に短いだけではなく、短く角度のついたボレーです。
角度のついたボレーで、相手をコートの外に走らせるようにします。

テニスのダブルスでは、2人でコートをカバーできるので、なかなか相手にボールを触らせずに決めるのは難しいのですが、短く角度のついたボレーは、相手が2人いても届きにくので、効果が高く、ダブルス上級者が決めのボレーとして打つショットでもあります。

短く角度のついたボレーの練習法

短めのボレーは、1人がボレーで、1人がストロークで打ち合うような練習だと、なかなか打ちづらいので、スクールなどで球出しの練習をする時には、積極的に練習すると良いですね。

私もクロスボレーの球出し練習をする時は、「この時がチャンス!」とばかりに、短めの角度のあるボレーを打ち続けます。

短く角度のついたボレーのコツ

短めの角度のあるボレーの感覚は、人それぞれだと思いますが、私が意識していることは大きく2つ

ボールの外側を打つイメージ

ボールの外側を打つようにボレーをすれば、自然と角度がつきます。

おもいっきり角度をつけたければ、ボールのギリギリ外側を打つような感覚。チョットだけ角度をつけたければ、ボールの真後ろではなく、ややボールの右側や左側を打つ感覚です。

あんまりにもボールの外側を打ってボレーすると、ネットを超えないリスクが高まるので注意しましょう。

 

テイクバックは、いつも以上に小さく

角度をつけた短いボレーは、スピードはさほどいりません。とにかく大事なのはコントロール。
よってショットに勢いをつけるような余計なテイクバックはしないように注意します。

余計な動きを極力減らしてボールとラケットが当たる瞬間に神経を集中させ、イメージ通りのボールの外側をボレー出来るようにする。

【関連記事】



 

最後に

ダブルスでは、展開によって長いボレーも短いボレーも打ち分けられると強くなります。
スピードのあるボレーには憧れますが、特にテニス初心者さんは、ボレーはコントロール重視でスタートした方が上達は早いはず。

ですから、ボレーの練習の時は、常に打つコースを意識しながら練習していきましょう。

reportbanner

コメントを残す