テニスのダブルスでサービス時の前衛ポジションを考える

硬式テニスのダブルスで、サーブを打つパートナー(前衛)のポジションについて、最近とっても気になることがありました。

ダブルスに慣れていない、もしくはボレーに自信がないプレーヤーは、パートナーがサーブを打つ時に、やたらとサイド寄りに立つことが多いです。

 

サイドにべったり寄ってしまうリスク

ダブルスに慣れていないプレーヤーが、サイド寄りにポジションをとる理由としては、

  • サイドにストレートリターンを打たれた時に、抜かれないようにボレーが届くようにする
  • そもそもサイド寄りに構えることで、ストレートにリターンを打たせないようにする

こんな心理状態があると思うのです。

 

しかし、サイド寄りに前衛が構えることで、リターンする側から見ると有利になることが多いです。良く言われるのが

  • リターンをする時に、相手前衛がセンターへのポーチボレーをしてくる確率が減るので、プレッシャーから開放される
  • 相手前衛がボレーに自信が無いことが、ポジションどりだけでわかってしまう

こんなところです。

特に、相手前衛がポーチボレーになかなか出てこれないとわかると、精神的に楽になり、リターンが入る確率はグッと上がります。

 

サイドに寄り過ぎると発生する意外なデメリット

さらに、私が思うサイド寄りの前衛のポジションの大きなデメリットがあります。
それは、リターンの選択肢を減らしてしまうこと!!!

「これってどういうこと??」

と思うかもしれませんが、前衛がサイド寄りに構えていると、リターン側としては「ストレートに打とう」としなくなっちゃいます。

 

それはそうですよね。サイドを抜かれないようにストレートをバリバリ意識して、サイド寄りに構えているのですから、無理にストレートにリターンする事がなくなります。
広く空いているセンター寄りにリターンする選択肢1本になる確率が高い。

そうなると、リターン側は迷いがないので、返球できる確率は上がります。

 

逆に、サーバー側の前衛がサイド寄り構えないとどうなるのか?
リターン側としては、

「ストレートにリターンしたら、相手前衛が取れなくて、リターンエースになるかもしれない」

こう思って、ストレートリターンとクロスのリターンの選択肢が2本になります。
そうなると、どちらにリターンを打つべきなのか?迷いが生じやすくなります。

 

また、相手のサーブがクロスに飛んでくるのに、ストレートにリターンをするのは、なかなか技術的に難しいので、ミスをするリスクがあります。(特にサイドアウトのリスクが高まる)

そのリスクのあるリターンを打たせる事も、サーバー側の前衛のポジションによって、できるわけです。

 

ちなみに私が前衛の時は、相手のリターナーにストレートをわざと打たせて、ミスを誘うこともあります!

時には、ストレートに良いリターンが打たれて、サイドを抜かれてリターンエースを取られる時はありますが、その時はパートナーに軽く謝って、あまり気にしません。と言うか、全く気にしません(^_^;)

 

最後に

相手のリターナーに
「サイドを抜くストレートリターンをしてみようかな・・・」
と思わせることは、ダブルスでは大事です。

リターンを打つコースを迷って、ミスをしたり、甘いリターンをしてしまったりしますから。

 

もし、ストレートに抜かれるのを怖がって前衛の時にポジションがサイド寄りになっていたら、思い切って1歩2歩とセンター寄りに構えてみましょう。上手いポジショニングは、ダブルス巧者になる第一歩です(^.^)

【参考動画】フェデラー ワウリンカvsブライアン兄弟
プロのダブルスで、ポジションを勉強してみよう。

reportbanner

コメントを残す