テニスのダブルスでリターンを打つ基本コース

テニスは、必ずサーブとリターンではじまるので、その重要性は、試合に出場していればしているほど、痛感しているプレーヤーが多いです。特にサーブのコースについては、気にかけますよね。

「基本はセンターだけど、このケースでは、回転をかけて外に切れるようにサービスを打ってみよう」
などと。。。

ところがリターンについては、アバウトの人が多い。

 

サーブが打たれたら、とにかくクロスに打てば良い。そんな感じです。

しかし、これではサーブが得意なプレーヤーから、ダブルスでは、なかなかゲームが奪えません。

ではどうしたらよいのだろうか?

まずは、ダブルスの基本リターンをいつも意識するのが大事。ダブルスの基本リターンを言われて、パッと思いつくのは、クロスリターンです。

 

ダブルスでクロスリターンが基本

サーバーから打たれた方向にそのまま返球するクロスリターンは、ストレートにリターンするよりも、コースを変える必要がないので、ミスのリスクが減ります。

また、クロスに打つことで、硬式テニスではネット中央が低くなっているので、ネットにひっかかる可能性も下がります。

正面には、前衛がボレーしようと待ち構えてますしね。ですからクロスリターンが大正解!

 

しかし、それだけでは、ダブルスでは、リターン側が効果的にポイントが取れません。

クロスコートへのリターンが基本なのですが、更に付け加えると、相手サーバーの足元にリターンをコントロールする。
これが、ダブルスの基本リターンですね。

サーバーが、サーブを打ってネットにつめてきたら、その足元。

サーバーが、ネットに出ずに、ベースラインにとどまったら、リターンを深く打ってサーバーの足元へリターン。特に、ネットに詰めてきたサーバーに対しては、足元へのリターンは効果的です。

 

クロスリターンの効果

クロスの足元へのリターンは、なかなかリターンエースを取る事は出来ませんが、相手サーバーを苦しめる事が可能です!

何しろ、ネットより低い位置でボールを触らせる事ができるので、相手のミスが増えます。
ネットにひっかかったり、ネットにかからないように気をつけて、逆にバックアウトしてしまったりと・・・。

また、低い位置でボレーを打つので、簡単には攻撃的なボレーが打てません。

 

ですから、テニスのダブルスでのリターンは、「サーバーの足元に打つ!」

これが基本ですね。

 

この基本をおさえておけば、時々打つ、ストレートリターンや、ロブリターンがより効果を発揮しますよ(^^
リターンを上達させて、試合を有利に展開していきましょう。

PS:

サービス&リターンゲームの攻め方がわかるDVD講座
↓↓↓
「試合に強くなるテニス~簡単に勝てるダブルス~」

reportbanner

コメントを残す