テニスのダブルスで大事なリターン3

さて、ダブルスリターン3回目です。今回は、ダブルスリターンのスピードです。

リターンで返球スピードを上げるとすると、2通りのやり方があると思います。

 

リターンのスピードを上げる2つの方法

  1. 球自体のスピードを上げる
  2. リターンを打つタイミングを早めて相手コートへの返球時間をあげる。(短くする)

どちらも有効だと思いますが、1はリターンのポジションを後ろ気味にして、確りと打つ感じですね。2は、リターンのポジションを前にして、ボレーの様な感覚で返球する様なイメージです。

私は、2番のタイプです。なぜなら、自分がされて嫌だから。

 

ダブルスでサーブ&ボレーをすると、球が速いのはそれほど苦痛では無いのですが、返球のタイミングが早く、尚且つリターンの球のスピードが遅いと、非常にやりづらいです。

恐らく自分以外もそうだろうと思って、2番目のリターンを積極的に行ってます。相手の時間を奪う気持ちですね。

 

タイミングの早いリターンのメリット

このリターンの良いところは、上手くリターンできれば、そのままリターンダッシュして、ボレーに行きやすいところです。何しろ、リターンする時のポジションが既に前だから!

ちなみに私の場合、バックラインより後ろでリターンする事は、皆無に近いです。もう、確りと構えてリターンを打てなくなってしまいました。(情けない(T_T)

苦手なサーバーでも、ポジションを前にして凌いでいます。

 

リターンが振り遅れ気味になってしまうような方は、逆療法で試してみる価値はあると思います。
ポジションを思いっきり前にすると、ラケットを振りかぶっている余裕はありませんから。

意識は、ボレーの感覚で、球のスピードではなく、返球の時間を早くする!

コメントを残す