テニスのダブルスで得意な戦術をつくる

テニスの雑誌なんか読むと、

「ダブルスの戦術」

なんてタイトルの記事が良くありますよね。結構難しい事が書いてあります。

実際試合で実践しようとすると、なかなか思うとおりに行かないけど、自分の得意なパターンを1つでも持っておくと、試合を有利に運ぶ事が出来ますよ(^^

ダブルスで自分の得意なパターンだって、立派な戦術です!

 

得意なパターンの具体例

例えば、私の場合は、自分達のサービスゲームで、サーブを打った後2人でネットにつめます。
いわゆる並行陣

で、相手リターン側がベースラインにとどまり、前衛と後衛のパターンになった場合。
これは、雁行陣って言いますね。

 

この形になった時、並行人の私たちペアは、センターを中心にボレーを打つ事で、相手の前衛と、相手の後衛にもセンターを意識させて、ポジションをセンターに寄らせちゃいます。

なるべく後衛の人にこちらからのボレーを取らせるようにして、相手から浮いた球が来たら、パンチの効いたボレーをサイドに打ち込む。相手ペアは、センターによっているから、サイドが空きやすい。そこに打ってポイントをとっちゃう訳ですね。

 

サイドへ打つボレーの注意点

このとき注意したいのは、サイドを狙いすぎないこと!

サイドアウトしちゃったら、相手のポイントになっちゃうから。
こちらのミスで相手にポイントを与えない。試合で強くなる大原則です。

 

それと、パンチの効いたボレーを打つのですが、そんなに速くなくても、相手が真ん中にいるので決まります。

必要以上に力を入れないこと!
相手にギリギリ取れられてもいいやくらいな感じで。。。

 

もし、センターに集めた相手後衛からの返球が、浮いたボールではなく、沈むようなボールが来た場合は・・・。
サイドに角度をつけてゆる~くボレーをする。

いわゆるアングルボレーですね。アングルボレーは、全くスピードは必要ナシ!

 

イメージ的には、相手コートサイドにコントロールするようなボレーの面を作って、フォロースルーは一切必要ない感じ。

下半身でどっしり構えて、足の踏み込みで距離を調整するようなイメージです。

ラケット面にボールが当たったら、ボールの行き先を見ないで、ラケット面をそのまま見るようにして顔を残すと、無駄な動きをしないで、ラケットが向いた面に、勝手にアングルボレーが飛んでってくれます。

 

決まると格好良いですよ (-^□^-)
顔を残したボレーは。気分はフェデラーです(笑)

こんな得意なダブルス戦術を、一個軸に持っておくように、普段から練習しておくとGOOD!試合でも使えるようになります。

アングルボレーについては、参考になる動画がありました。
アングルボレーで顔を残すイメージがつかめなかったら、見ておきましょう。

reportbanner

コメントを残す