テニスのダブルスは、予測が大事!死守するコースと捨てるコース。

テニスのダブルスで重要なポイントの一つに「予測」があります。

ダブルスで強いプレーヤーは、この「予測」が優れています。
但し、予測することに優れているからと言って、全てのコースを取れるわけではありません。

相手の打つポジションや球種、フォームなどから、相手の打つ確率の高いコースを予測するのですが、その予測以外のところに来た場合は取れません。

セオリーのコース(相手が打つ確率の高いコース)を打ち返すことに集中「死守」して、セオリー以外のショットはある程度「捨てる」わけです。
ダブルス巧者は、この「死守」と「捨てる」を割り切って考えられる人が多いです。

逆に、ダブルスに慣れていないプレーヤーは、コースを「捨てる」事ができずに、中途半端なポジショニングをしてしまい、本来とるべき相手のショットをミスってしまう事が多いです。

具体的な例

例えば、自分達のペアが相手コート深くに厳しいアプローチショットを打って、二人でボレーの態勢に入ります。

相手は

・苦し紛れのロブを打つか?
・とにかくセンターに返球するか?
・頑張って足元に沈めてくるのか?
・振り遅れ気味にストレートへ打ってくるか?

こういった事をダブルスプレーヤーは瞬時にイメージしてポジショニングをするのですが、相手が非常に上手くショートクロスに打ってきて、抜かれてしまったとします。

セオリー以外のコースは、ある程度「捨てる」ことが出来るダブルスプレーヤーは、このショートクロスに対して、相手が上手かったと割り切ります。しかし、「捨てる」ことが出来ないプレーヤーは、相手のスーパーショットを引きずってしまい、自分が取れなかったのが悪いと思ってしまいます。

 

割り切れるプレーヤーは、次に同じような場面に遭遇しても、ショートクロスはあまり予測しません。捨てたままです。
たまたま入ったような相手のスーパーショットを意識するよりも、打ってくるであろうセオリーのコースを予測して防ぐほうが、勝てる確率が高いからです。

「捨てる」事が出来ないダブルスに不慣れなプレーヤーは、スーパーショットのショートクロスを意識しすぎるあまり、セオリーのコースを予測できずに、抜かれてしまう確率が上がります。

テニスの大前提

テニスは、全てのポイントを取る必要はありません!相手よりいくらか多くポイントを取れば、勝てるスポーツです。

相手の良いショットは、素直に相手を褒めて、セオリー通りに打ってきたショットを確実にボレーやストロークで返球すれば、勝てる確率の高まるのがテニスです。

 

予測を身につけるには

予測は、頭でイメージするだけでは、なかなか体が思うように動いてくれません。

ダブルスの実戦形式の練習などを繰り返して、予測してポジショニングする癖をつけていきましょう。何度も何度も行うことで、頭で考えなくても、勝手に体が動き出すようになってきます。

そして、相手の打つコース(セオリー)を予測し「死守」するコース、「捨てる」コースをはっきり意識すれば、勝てるダブルスプレーヤーに近づきます!

reportbanner

コメントを残す