テニスのダブルス前衛のポジションは、どこが正解?

テニスのダブルスにおいて、ネットに詰めてのポジショニングは、意外と難しいです。ずっと同じ場所にいれば、簡単な事なのですが、相手のポジショニングや、相手が打ってくるショットを予測して、常に移動しなければなりません。

ダブルスが強いペアは、このネット前でのポジショニングが的確なのですが、ダブルスに慣れていないと「どこにいたら良いのかわからない・・・」なんて事が良くあります。

さて、そんなネット前でのポジショニングについて、読者さんから質問があったので、回答を含めて紹介します。

 

Tさんからの質問内容

いつもテニスに関する内容を読まさせていただき、たいへん勉強になることばかりで感謝しております。私はテニススクールを複数通っているのですが、コーチによって注意のされ方が異なり、ときどき「混乱」します。

ダブルスの前衛でのポジション、またはボレーストロークの練習をする際、あるコーチは「必ずサービスラインからボレーして、打ち終わったらまたサービスラインに戻るように」と言われます。

相手コートの後衛がストロークを打ったとき、ふわっと浮いた軌道でくれば、サービスラインから前へ踏み込んでミドルボレー、低い軌道なら一歩踏み込んでローボレー、それでも厳しければロブボレーなど、いずれもサービスライン上で相手の軌道を予測しボレーするように言われます。

もちろん相手のショットがロブならば、サービスライン上なら頭を越されてもスマッシュやハイボレーで対処できるポジションだから当然といえば当然なのですが…。

ただ別のコーチはゲームの場合、相手コートの前衛がこちらに攻撃する動きをみせなければ、私はすぐネットに詰めて相手の後衛のショットをポーチできるようにとも言われます。

もしボレーできなくても、ネットに詰めていないと、相手の後衛から見た場合、センターの真ん中があいているようにみえ、余裕をもってストロークを返されてしまうので「コースを限定させる意味でも前衛はネットに詰め相手の後衛に好き勝手に打たせないように」と、くぎをさされます。

もちろんサービスラインを起点にしてボレーするのも、ネットに詰めるのも「正論」ではあるものの、ゲームでいちいち判断が後れてはポイントを失いかねません。

ダブルスの場合、前衛のポジショニングはどのように構えていたらよいかアドバイスお願いできれば幸いです。

 

回答

複数のテニススクールに通っているなんて、テニスに対して熱心で、素晴らしい!
では早速、質問に対しての回答です。
ダブルスの前衛でのポジショニングについてですが、2人のコーチから

1人からは、
・必ずサービスラインを起点としてポジショニングする

1人からは
・コースを限定させるため、チャンスを見てグイグイネットに詰める

と教えられているということですね。Tさんの言うとおり、どちらも正論だと思います。

私が、ダブルスをほとんどやったことがないテニスプレーヤーに対して、前衛の基本のポジショニングを教える場合、前者のコーチのようにサービスラインより少し前あたりを基本ポジションとして教える場合が多いです。

一方、ダブルスに慣れてきていて、試合に出場して上位を目指すなら、後者のコーチのように、ネットに詰める動きを積極的にやるように教える場合が多いです。

 

それぞれのメリット&デメリット

サービスライン付近を起点とするメリット

  • 前後左右、コート内に入ってくるショットに対して届く範囲が広い
  • 相手からの距離があるので、ボレーで対応する時間が多少はある
  • ロブにも対処しやすい

サービスライン付近を起点とするデメリット

  • 決めのボレーが打ちにくい(ネットにかける可能性が高まる)
  • 相手へのプレッシャーがかけにくい
  • 難しいローボレーやハーフボレーを打つ機会が増える

 

ネットに詰める場合のメリット

  • 相手へのプレッシャーをかけられる
  • 相手へ時間をあたえずにボレーが打てる
  • 決めのボレーが打ちやすい(ネットにかける可能性が低くなる)

ネットに詰める場合のデメリット

  • ロブで抜かれやすい
  • 左右のコースを防ぐのには、反射神経やコースの読みが必要になってくる
  • 相手との距離が近いので、恐怖感がある

 

などなど、ポジショニングによってメリット、デメリットがあります。

 

私ならこうする

「どういったポジショニングをしたいのか?」
は、自分のプレースタイルや目指すテニスによって決めていったら良いですね。どちらか一方のコーチの教えに反することになりますが、それは仕方ないと思います。
しっかり、自分で決めることが重要です。

ここからは、完全なる個人的な意見なので、参考程度に。

 

もし、テニスのダブルス大会などで勝てるようになりたいのなら、圧倒的に後者のコーチの意見、つまりネットに詰めるポジショニングをマスターするのが良いのではないかと思います。

私は、ダブルス専門でプレーしているので、多くのダブルス草トーナメントに参加しているのですが、相手にして嫌なのは、チャンスと見るやネットにガンガン詰めてくるダブルスペアです。

実際、勝ち上がってくるのは、ネットに詰めて圧力をかけてくるダブルスペアがほとんです。もちろん、私もガッツンガッツンにネットに詰めるタイプです(笑)

 

逆に、サービスライン付近でボレーをしっかりと打ってくるプレーヤーは、「上手い!」とは思うのですが、怖さはそれほどありません。サービスライン付近で守備的なボレーをして、しぶといペアもいますが、ダブルス草トーナメントで上位に来るのは、チャンスと見るやネットに詰めるペアが多いと実感しています。

ネットに詰めれば詰めるほど、相手との距離も縮まり、色々なリスクも高まるので、ガンガンにネットに詰めるのが絶対に良いとは言い切れませんが、実際に試合に多数参加しているプレーヤーの意見として、少しでも参考になれば幸いです。

 

reportbanner

コメントを残す