テニスのダブルバックハンドのコツやイメージ

私が硬式テニスをはじめた頃、バックハンドはシングルバックハンドとダブルバックハンドが半分半分だったような気がします。

しかし、最近では圧倒的にダブルハンドが多い気がします。

 

特に女性は、ほとんどがダブルバックハンドなのではないでしょうか?
私の周りでも、女性はダブルバックハンドばかりで、1人だけスライスを中心にしたシングルバックハンドのベテラン女子プレーヤーがいるくらいです。

 

ダブルバックハンドに変えた理由

私がテニスをはじめた頃は、シングルハンドだったのですが、ダブルスの試合に出場するようになってからは、ダブルバックハンドになりました。
何故ダブルバックハンドに転向したのか?と言うと

  • リターンの時など、相手の速い球にも振り遅れにくい
  • ライジングなど、バウンドの上がりっぱなでもタイミングを合わせやすい

 

などなど、早い展開でのバックハンドストロークが打ちやすいのが理由でした。

ダブルスだと、なかなかバックハンドストロークのラリーというのはあまりないので、リターンを重要視しました。そこで、コンパクトな打ち方でもリターンがやりやすいダブルバックハンドを選んだわけです。

もちろん、シングルバックハンドでもダブルスが強いプレーヤーは沢山いますので、あくまで私の個人的な意見です。

 

ダブルバックハンドを安定させるための4つのポイント

そんなダブルバックハンドですが、安定して打つために私が意識していることは4つ

  1. 体に軸があるイメージをして、コマのように体をくるっとひねる。
  2. 前のボールを打ち込む場合でも、前傾姿勢になったりせず軸を真っ直ぐにして打つ。イメージとしては、頭の上に水の入ったコップが乗っているとしても、水がこぼれないように頭がぶれないようにする。
  3. テイクバックはコンパクト。コマのように軸を意識して体をひねったら、それ以上はテイクバックをしない。
  4. 余計な動きはせず、捻った体を軸を意識しながら戻すだけで、ボールを打つ。

こんなところをチェックポイントにして、ダブルバックハンドを打つようにしています。

 

ダブルバックハンドは、両手の力を使えるので、大きくテイクバックをしたり、前への体重移動を極端にしなくても、コンパクトな打ち方で、ある程度の威力のあるショットが打てるようになります。

力強いバックハンドを打とうと力みすぎると、ショットが安定もしないし、意外とスピードも出ないので、リラックスしてコンパクトに振りぬくと良いですね(^.^)

 

見本となるトッププレーヤー

私が一番好きなダブルバックハンドプレーヤーは、現役選手ではないですが、元世界No.1のアンドレ・アガシ(アメリカ)です。
アガシのバックハンドは強烈なのにもかかわらず、非常にコンパクトで無理なく打っているので、一般プレーヤーにもお手本になります。

 

抜群の安定感もあって、「あんなダブルバックハンドが打ちたいなぁ~」と思わせてくれます!

スキンヘッドで、トップテニスプレーヤーっぽくないですが(^_^;)

 

reportbanner

コメントを残す