テニスのトップスピンロブの打ち方やコツ

最近、プロの試合を見ているとトップスピンロブを打つ選手が多くなった感じます。
プロは簡単に打っていますが、一般テニスプレイヤーでも打てるものなのでしょうか?

簡単ではないですが・・・・ラケットやガットの進化などもあり、一般テニスプレイヤーでもトップスピンロブを打つ人が多くなっています。そのトップスピンロブについて、質問があったので回答とともに紹介します。

 

トップスピンロブを上手く打つには?

Fさんからの質問

ネットに近いところにいる相手に対して、ロブを上げる場合、短すぎたりバックラインをオーバーしたりして上手く行きません。
それでスピンロブはどうかと思うのですが、これはどのようにして上げれば良いのでしょうか。

man-hatena

abata回答

トップスピンロブは、その名の通りスピンをかけたロブです。

一般的にロブというと、あまり回転のかかっていないフラット気味のロブだったり、わずかにスライス回転がかかったロブのことを言います。テニスのダブルスで一般的なロブは、

  • 相手前衛の頭上を超えても、相手後衛がそのロブを返球できる
  • 頭上を超えられた前衛が後ろに下がって取るようなこともある

 

上記2点の特徴から、どちらかと言うと相手の陣形を崩すのに効果的なショットと言えます。

 

トップスピンロブの特徴

一方、トップスピンロブの特徴は、

  • ある程度のスピードがある
  • バウンドしてから伸びていくので、相手前衛を抜けると、相手の二人とも取りにくい

 

という点から、相手の陣形を崩すのはもちろんの事、エースを取るウィニングショットにもなります。

効果絶大なので、いつも打ちたいところですが、正直に言うとなかなか難しいショットでもあります。トップスピンロブは、一般的なロブと比較すると軌道が低いので、ちょっと間違えると相手前衛のチャンスボールになってしまいます。

私の個人的な見解としては、一般的なロブをある程度コントロールできるようになってから、トップスピンロブを併用できるようになると良いと思います。

 

トップスピンロブのコツ

トップスピンロブのコツとしては、

  • いつも以上に強いスピンをかける
  • バックアウトになるくらいの気持ちで、自分がイメージするよりもトップスピンを山なりに高く、そして深く打ってみる
  • 厚めのグリップで、ワイパースイングをする
  • 相手が前のめりになったタイミングでトップスピンロブを打つ(トップスピンロブは、タイミングが重要)

 

こんなところです。

そして、トップスピンロブが上達したら、トップスピンロブとショートクロスを同じフォームで打てるように極めてみましょう。そうすると、相手前衛は、

・前に短くショートクロスを打ってくるのか?
・後ろにトップスピンロブを打ってくるのか?

どちらも注意しなければならなくなるので、相手に迷いが生じて動きが悪くなります。相手の逆をつきやすくなるわけですね。

 

最後に

普段から、トップスピンを打つようでしたら、トップスピンロブは比較的マスターしやすいです。いつもより、回転を多く掛けて、高く山なりに打てば、感覚をつかめるので。

逆に、普段からトップスピンを打つことがあまりなければ、まずは普通のラリーでトップスピンを打つ練習からはじめた方が良いです。

 

一発逆転の破壊力のあるトップスピンロブは、マスターすると、相手に与えるダメージは大きいです。しかし、それだけにやや難易度は高いので、一般的なロブもしっかりと練習するようにしてください。

【ロブについての参考記事はこちら】


reportbanner

コメントを残す