テニスのバックハンドスライス注意点

バックハンドスライスの打ち方について、シリーズで紹介しています。

シングルスでもダブルスでも打てると便利なので、是非ともマスターしたいショットです。
ダブルバックハンドのプレーヤーでも、練習することを絶対にオススメします。

シリーズ記事を読んでいなければこちら
↓↓↓

 

今回も、バックハンドスライスを打つ時に、注意点する点についてです。(シングルバックハンドスライス)
バックハンドスライスのシリーズ最終章になります。

 

テイクバックはやや上に

バックハンドスライスショットは、上から下のアンダースピンをかけるので、当然ですが、ボールよりも上にテイクバックする必要があります。

回転量を多くしようとすればするほど、テイクバックを上にして、鋭く振り切ることが必要ですが、はじめのうちはそこまでする必要はないと思います。

 

必要以上に上にテイクバックせずに、まずはボールのやや上から、適度に回転をかける。

これだけでも十分にスライスのメリットが出せますから。慣れたら回転量を多くする練習をしましょう。

 

ちなみに私は、回転量が多いスライスと、回転量が少な目のスライスを、状況によって使い分けてます。

バックハンドスライスに慣れていなければ、この回転量が少ないスライスを、まずはマスターする事をおススメするんですが、感覚も大事^^

 

切るのではなく運ぶ

バックハンドスライスを打とうとすると、

「ボールを切る」

っていうイメージを持ちがちですが、この回転量の少ないスライスショットは、どちらかと言うと、

「ボールを運ぶ」

って感じです。

ラケットの面にボールを乗っけて、出来るだけ長くそのボールを前に運ぶ。
こんな感じでイメージすると、回転を意識しすぎて切りすぎる前の飛ばないバックハンドスライスショットではなくなるはず・・・。

 

バックハンドスライスショットは、防御の時に、時間を稼ぐ為のショットにも、ネットに詰めるための時間を確保するショットとしても重宝します。

是非、自分なりの感覚をつかんで、マスターしてください。

コメントを残す