テニスのバックハンドスライス-打ち方1

前回、バックハンドスライスの特徴について、いくつか紹介しました。
バックハンドスライスは、様々な局面で効果的につかえるショットだと感じられたと思います。

前回の記事を読んでいなければこちら
↓↓↓

今回は、バックハンドスライスの打ち方と言うのか、イメージみたいなものを紹介します。結構、テニスではイメージは大事です。

 

バックハンドスライスが苦手なプレーヤーが、バックハンドスライスを打とう打とうとすればするほど、威力のないショットを打ちがちなので、まずはどんなショットなのかをイメージしたほうが良いと思います(^^

かなり個人的な見解もあるので、かる~い感じで読んでください。

 

自然な回転をまずは目指す

まず、スライスショットは、上から下への回転(アンダースピン)がかかるので、当然上から下へのスイングをしますが、はじめは、上から下への意識は無くした方がよいです。

なにそれ??

と思うかもしれませんが、上から下への回転をかけようとするよりは、

「勝手に回転がかかっちゃった」

ぐらいが、まずはちょうど良い!

 

勝手に回転がかかるってどういうことかって言うと、ラケットの面を若干上向きにして、普通にまっすぐ打つと、勝手に上から下への回転がかかります。

回転をかけようとしなくてもかかっちゃう。この勝手にかかる回転が、伸びのあるスライスショットに近いです。

 

勝手にアンダースピンがかかっているショットを応用しよう

実は、この感覚に近いショットを、普段から打っているプレーヤーは多いです。

それは、バックハンドのローボレー!
勝手に上から下への回転がかかってます。

ネットより下の球を打たなければならないローボレーは、ネットを越す為に、ラケットの面を上向きにしなければならないので、意識しなくても上から下へのアンダースピンがかかりやすいです。

回転をかけようとしなくても、かかっているわけですね。

このローボレーの感覚を、ストロークに応用していくとバックハンドスライスショットが打ちやすいです。

 

ローボレーだと、それほど長い距離を打つ必要はないので、テイクバックもフォロースルーも大きくする必要がないですが、ストロークだと打つ距離が長いので、ローボレーの感覚を持ちつつ、テイクバックとフォロースルーをつけます。

勝手に上から下への回転のかかるローボレー感覚で、徐々に打つ距離を伸ばすと、スライスショットが上手くなっちゃったりしますよ。

 

この感覚をつかんでから、より回転をかける工夫をすると、バリエーションのあるスライスショットが上達しやすくなると思います^^

次回は、

「バックハンドスライスは、ココは注意しよう!」

です。

【関連記事】


※片手打ちバックハンドスライスについて説明している記事で、両手バックハンドスライスではないです。
私は、両手でスライスショットは打てないので、許してください・・・。

杉山愛さんが両手バックハンドのスライスショットが上手かったですよね。私も試してみましたが、難しかった(^_^;)

reportbanner

3 Responses to “テニスのバックハンドスライス-打ち方1”

  1. 櫻井悠人 より:

    スライスとスピンのやり方を教えてください。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      スライスとスピンについては、これからも積極的に記事にしていきますので、読んで頂けると嬉しいです。

コメントを残す