テニスのバックハンドスライス-打ち方2

なにかと便利なバックハンドスライスショット。
そのバックハンドスライスの打ち方について、シリーズで紹介しています。

バックハンドスライスショットに関する記事を読んでいなければこちら
↓↓↓



 

今回は、バックハンドスライスを打つ時に、私が意識している注意点についてです。(シングルバックハンドスライス)

 

バックハンドスライスを打つ時の体の回転

まず1つは、バックハンドスライスは、体を回転させない事。

 

体を回転させたくなるのは、ダブルバックハンドを打つ人にありがちなんです・・・。
ダブルバックハンドは、体をひねって、体の重心を軸にして、コマの様に体を回転させて打ちます。

右利きの場合だと、両手バックハンドを打つ時に、左足で地面をけって、横向きの上体から、ネットに正面を向くようになります。

 

しかし、バックハンドスライスの場合、体を回転させて、ネットに向って正面を向くことは無いです。

横向きの姿勢を維持して、体を回転せずに体が開く事を抑えようとします。(フォロースルーで多少、体が正面に向くことはあります)

体を回転させないので、左足は打った瞬間からあまり動きません。

 

バックハンドスライスを打つ時のフォロースルー

2つ目は、フォロースルーの大きさと左手。

バックハンドスライスのフォロースルーは、打ちたいショットの距離に比例させます。

例えば、相手コートの深くに打ちたければ、フォロースルーは思いっきり長くします。しかしここで問題が発生します。

 

フォロースルーを長く取り、1番目の注意点の体を回転させない事を意識すると、バランスがとりづらくなります。
バランスをとるために大事になってくるのが、左手になります。(右利きの場合)

右手のフォロースルーが長くなったら、左手は右手と反対方向に大きく広げて、バランスをとります。

まるで、両手を水平に伸ばしているような感じになる!

良くプロの選手が打つバックハンドスライスを見ると、両手を広げて優雅に打ってます(^^
あれは、利き腕と逆の手で体を開かないようにバランスを取っているわけですね。

 

ちなみに、相手コート短めに打つようなスライスショット(ドロップショットなど)の場合は、フォロースルーも短くなるので、左手の広げ方も小さくなります。

バランス!!ですから、右手と左手が比例して広がる感じになるわけですね。

 

まとめ

バックハンドスライスショットの打ち方をまとめると、

  • 体を回転させない(開かない)。左足をあまり動かさない。
  • フォロースルーは打ちたい距離に比例する大きさ。
  • バランスをとるために左手を広げる。

こんな感じでしょうか。

 

バックハンドスライスショットをマスターすると、テニスの幅が広がりますので、是非練習をして、自分のものにしましょう。

【茶圓鉄也プロのスライスで、注意点をおさらい】

reportbanner

コメントを残す