テニスのバックハンドスライス メリット&デメリット

私は、あまりストローク練習をしないので、ストロークはそれほど得意なショットではないですが、バックハンドスライスは得意です^^

なぜなら、得意のバックハンドボレーに、非常に近い打ち方だから。
よって、ダブルバックハンドプレーヤーの割には、スライスショットが多いです。

 

そのバックハンドスライスについて読者さんから質問があリました。
また、先日テニス練習してた時にも、中級レベルのプレーヤーからバックハンドスライスについて、アドバイスを求められちゃいました。

結構、バックハンドスライスで悩んでいる方が多そうなので、何回かに分けてバックハンドスライスについて、紹介します。

 

バックハンドスライスの打ち方 質問内容

読者さんからの質問内容は、こんな感じです^^

Mさん(男性)からの質問

どうもです!!質問なんですが

最近、スライスができたら楽だろうな~という場面が結構あるんです。

フォアは出来るんですがバックがどうもできません・・・・・
どうしたら良いでしょうか?

また、どのような練習方法があるんですか?
教えてくれたらありがたいです!!m(_ _ )m

man-hatena

 

バックハンドスライスの特徴

まずは、バックハンドスライスの特徴について、把握しましょう。

その前に、私はダブルバックハンドプレーヤーなのですが、両手でバックハンドスライスは打てません(汗)
トップスピン系やフラット系のバックハンドは両手。スライスバックハンドは片手で打ちます。

ですから両手バックハンドスライスの打ち方は、わかりません。ゴメンナサイ (ノ_・。)

 

最近は、ダブルバックハンドプレーヤーが多くなったので、片手で打ちやすいバックハンドスライスを打つのが苦手な人が、増えたのかもしれません。

でも、ダブルバックハンドプレーヤーが、バックハンドスライスを打てると、プレーの幅が広がるし、守備が強くなるので、個人的にはマスターしておくことをおススメします。

コツさえつかめば、非力な女性でも、片手でのトップスピンは無理だとしても、スライスなら打てるようになりますよ(^.^)

 

バックハンドスライスの長所

  • 遠いボールでも打てる(リーチが長い)。
  • 時間を稼ぐ事ができるショット。
  • 伸びるバックハンドスライスが打てれば、バウンド後ボールが跳ねないので、攻撃されにくい。
  • 同じフォームで、短いショットとロブを瞬時に打ち分けられる。(ロブは本当に打ちやすい)
  • 打ったあとに、前に出るフットワークがやりやすいので、アプローチショットに向いている。
  • 上達すると、サイド回転もかけられるようになり、相手をコートの外に追い出せる。

などの長所があります。

 

特に相手のショットが良く、走らされた時、遠くのボールを返球して時間を稼ぎながら、コートの中央に戻るような事が出来ます。

スライスショットがあると、相手に攻め込まれた時も、粘り強いテニスができるようになります。

 

バックハンドスライスの短所

  • フラットやトップスピンと比べると、速いショットが打ちづらい。
  • 速くショットが打ちづらいので、一発で決める事が難しい。(相手のボレーヤーの横を抜くようなパッシングショットは、なかなか決まりません)
  • 速いショットが打ちづらいので、ダブルスなどでは甘いショットはポーチの餌食になりやすい。
  • 個人的に思うのは、両手でバックハンドスライスを打つのは窮屈

などが短所でしょうか・・・。

 

フェデラーみたいな、もの凄いスピードがあるのにもかかわらず強烈なスライス回転がかかっているバックハンドも憧れますが、あれだけの回転量とスピードを両立するのはかなり難しいです。

私はマスターできませんでした(汗)

 

一般プレーヤーとしては、バックハンドスライスは、フラットやトップスピンよりスピードと威力は若干劣ると認識しておいた方が、スライスショットをマスターしやすいと思います。

バックハンドスライスの長所も短所も理解した上で、テニスの試合で打てるようになると、攻撃も守備もバリエーションが増えて、簡単には負けなくなります。

 

次回は、バックハンドスライスで、「ココを意識すると良いですよ!」という事を紹介します。それにしても、ストロークを話題にすることがあんまり無かったので、なんだか変な感じです。

【元全日本王者 岩淵選手のバックハンドスライス】

【関連記事】



reportbanner

コメントを残す