テニスのフットワークを鍛える筋トレ

テニスは昔から、フットワークが大事!と言われています。テニスではなく、「足ニス」とまで言う人もいるくらい。

私も、1日に何試合もこなしていくと、足の筋肉が言うことをきいてくれなくなって、上体があがってきてしまい、ミスを連発します。

 

ちょっと前には、足がつってしまいフットワークが悪くなって、その後の試合でボロボロなんてことも・・・。

足が疲れると、決まって負けてしまいます。
よって、フットワークを支える足の筋肉は、鍛えておいたほうが良い!

私の周りのテニスプレーヤーは、あんまり筋トレは行っていませんが、ランニングなどして、足だけは鍛えているような気がします。

 

テニスのフットワーク筋トレにオススメのグッズ

さて、私が行った足のトレーニングとして効果があったと思われるのは、ズバリ

「縄跳び」です。

nawatobi

 

実は、かつての名サーブ&ボレーヤーであるスウェーデンのステファン・エドバーグ(エドベリ)がフットワークを鍛えるために暇さえあれば、縄跳びをしているとの記事を、何かのテニス雑誌で読み、実行に移したのがきっかけでした。

 

縄跳びの達人は、基本に忠実なプレー

エドバーグのボレーは美しくて、ボレープレーヤーにはお手本の様な人でしたので、トレーニングも真似てみようと思った次第です。

ちなみにエドバーグを知らない人の為にこんな人です(金髪の貴公子)

 

いまだにボレーに関しては、彼より見本になる人はいないと思います。とても基本に忠実なボレーで、初心者の方にも良いお手本です。

 

足だけでなく握力アップにも効果あり

話がそれましたが、エドバーグに習って行った縄跳びですが、足の筋肉がつく上、スプリットステップの練習が同時に行えるので、とても良いトレーニングになります。

子供の時は、縄跳びを何回でも飛べましたが、大人になると非常に疲れますよ(^_^;)
体重が重くなったせいでしょうか?とにかく思った以上に疲れます。

それと、足だけではなく、縄跳飛びは握力と腕の筋肉もつくんですよね。

子供の時以来、馬鹿にしてやった事が無い方は、是非やってみてください。きっと足も腕も筋肉痛になりますよ(-_-;)

reportbanner

コメントを残す