テニスのプレーでスランプから脱出するために

先日、テニスをしていたら、一緒にプレーをしていたテニス仲間から、こんな質問がありました。

「ueponさんは、テニスのプレーが安定しているので、あんまりスランプがなさそうですが、スランプになった時の脱出法って何かありますかね?」

と・・・。

オイオイ!何を言ってるんだ!!!
私もバリバリにスランプはあります。

スランプと言うのか、停滞期と言うのか、思ったように自分がやりたいことが出来ない事がある。
恐らく、停滞期って言うのは、誰にでもあるのではないでしょうかね。

もしなかったら、世界で戦えるようなレベルになっていると思う。

自己流スランプ脱出法1

さて、私の場合、

・今まで出来た事が出来なくなった
・ミスが増えた

こんな場合は、基本的な練習を徹底的にします。

 

ボレーが調子悪ければ、練習相手にストロークを打ってもらい、自分は徹底的にボレーを打つ回数を増やす。
リターンの調子が悪ければ、練習相手にサーブを打ちまくってもらい、飽きるくらいリターンを打ち続ける。

回数を打っているうちに、なんとな~く、調子が良い時と違うところが見えてくるので、そこを修正する。

 

修正しても元に戻らなければ、「別の場所に原因があるのでは?」と疑いながら、また基礎練習をし続ける。

こんな原始的で、面白くも無い方法で、調子を戻していきます (゜д゜;)

 

自己流スランプ脱出法2

また、新たにやりたい技術などに取り組んで、上手くいかない場合は、思い切って、強い相手との練習で、チャレンジする事が多いですね。

例えば、新たにスピンサーブをマスターしようとしたら、強い相手に試してみるんです。
上手くいかなければ、ボッコボコにリターンエースを取られます(汗)

 

練習後に、相手に素直に、

「私のスピンサーブはどうでしたか?ショックを受けないので、はっきり言っちゃってください」
とか聞くと、
「こうしたら良いんじゃないかなぁ」

などと、申し訳なさそうにいってくれることがあります。
それをヒントに、基本的な練習をして、また強い相手がいたときに試したりしてます。

 

それと、新たにチャレンジする技術、この場合で言うと、スピンサーブですね。そのスピンサーブが上手いプレーヤーを探して、自分との違いを探りまくります。
時には、第三者の意見も聞いて・・・。

その違い、差は何なのか?
悩みながら、上手い人に近づけるように試行錯誤して、停滞状態から脱却しようともがく。

もがいて、結局習得できなかった(悲)なんて事もありますけどね。

最後に

スランプ停滞は、誰でもあると思いますが、ちょっとしたキッカケで、一気に解消されたりしますので、テニスを嫌いにならずに、あきらめずに、もがいちゃいましょう。

コメントを残す