テニスのボレーでナチュラルスライス回転をかける

テニスのショットの中で、ボレーが苦手な人は多いですね。

特に、伸びの無いボレーを打って、バウンドしてから失速して、相手のチャンスボールになってしまう人を良く見かけます。

良くあるのがスライス回転を無理にかけているタイプ。
スライス回転を意識しすぎてしまうと、失速するボレーになってしまいます。

 

では、どうやったら伸びのあるナチュラルに回転のかかった、スライス系ボレーを打てるでしょうか?

 

伸びのあるボレーを打つための注意点

まず、ボールを切る感覚は捨てましょう。また極度に、振り下ろしたりしてもダメです。

手首とラケットの角度を変えずに、インパクトのときに脇を締めるようにする。これだけで勝手にスライス回転がかかってくれます。

 

振り下ろすのではないですよ!ギュッと脇を締める感じ。

そして、もう一点コツがあります。

軽く握っていたラケットを、インパクト向けて、小指から薬指、中指、の順に3本指でギュッと握るようにします。
親指と人差し指は、それほど力を入れなくて良いです^^

 

まとめ

まとめると、インパクト前までは、それほど力をいれずにラケットを持つ。
インパクトに向けて、脇を軽く締めるようにしながら、インパクト時に3本の指でギュッと握ります。

ナチュラルなスライス回転がかかって、伸びのあるボレーが打てます。

 

あんまり、回転をかけようと意識しすぎないのが、良いです。
実際に、僕も回転させる意識は無いけど、勝手にかかってくれてます。

是非、爽快なボレーを打てるように練習しましょう。

PS:とにかく鋭いボレーだけを集中的にマスターしたいなら
↓↓↓
決定力がアップするフォアボレー・バックボレー

 

reportbanner

コメントを残す