テニスのボレーで短い深いを打ち分ける

私はダブルス専門プレーヤーとして活動していますので、シングルスを得意としているプレーヤーよりボレーを打つ回数が圧倒的に多い。

そのボレーで「距離感をどのように調整するか?」と言う事が、なかなか難しいんですよね。つまり短いボレーと、コート深く(長く)打つボレーの打ち分け方です。

 

ボレーは、テイクバックはコンパクトに

テニス初心者の方は、長いボレーを打つ場合は、多くはテイクバックを大きくして、勢いをつけるようなイメージを持っていて、また実際その様に打っている人が多いです。

ただ、ボレーでは、こんな方程式が成り立ちます。
テイクバックを大きくする = ミスの割合が大きくなる。

 

特に、相手がボールを打ってから、自分が打つまでの時間が短いボレーでは余計な動きは致命的。

時間が無いからこそ、ボレーは無駄な動きを減らしコンパクトなテイクバックで打つことが重要です。

 

長短ボレーの打ち分けは、この長さで調整

では短いボレーと長いボレーを打つ時、私がどのような意識で打っているかというと、テイクバックはとにかくコンパクトに。
短いボレーでも長いボレーでも全く同じ。

打つときのフォロースルーを打ちたい距離に応じて長くする。

  • 短いボレーの時は、フォロースルーは少なく。
  • 長いボレーの時は、フォロースルーを大きく。

こんな感覚でやってます。

 

この感覚をつかんでから、ボレーの距離感を調整するのが得意になりました。

これは感覚なので、誰にでもあてはまる事ではないと思いますが、ボレーの距離感に悩んでいたら、一度試してみてください!

なんか感覚を文章に書くのは本当に難しいのですが、もう1つ付け足すとすると、フォロースルーはラケットにボールが当たってからするようなイメージです。

わかるかなー?  文章って難しいなぁ (;^_^A

reportbanner

コメントを残す