テニスのボレーで苦手意識をなくすには

先日、いつもの様にテニスの練習をしていると、こんな姿の人を見かけました。
ダブルスの試合をしていて、サーブした後、ネットダッシュすることなくベースライン付近に。

その後、相手のショットが短めになりベースライン付近にとどまっていたプレーヤーは、その短くなったボールをフォアハンドで叩く。
そして、前に詰める!!かと思いきや・・・。

 

間違いなく良いアプローチショットになると思ったら、そのプレーヤーはネットに詰めそうになりながら、一歩二歩前進したのですが、
自信無さそうに、またベースラインのほうに下がっていく。。。

こんな事が何度も。

 

ボレーの苦手意識が相手にバレると

明らかに「ボレーが苦手なんだ!!」と、相手にアピールしている感じになっちゃいます(^_^;)

コートサイドで見ているこっちも、すぐにわかっちゃうくらいなので・・・。こうなっちゃうと、対戦している相手からするとプレッシャー激減です。

 

困った場面では、

「ボレーが明らかに苦手そうだから、あいつに打たそう」

と相手が思っちゃいますから。

ですから、テニスのダブルスにおいて、ボレーを積極的にしないことは、かなりのマイナスになります。

 

普段、ストロークばかり練習しているのであれば、是非ボレーの練習時間を増やして、「得意なショット」にしなくても良いので、「無難にこなせるショット」くらいまでにはもって行きましょう。

 

ボレーは決めのボレーだけではない

ボレーが苦手なプレーヤーの多くの人は、「ボレーは鋭く、決めるショットでなければならない!」

みたいなイメージがありますが、そんな事はありません。

ボレーの苦手意識をなくす為にも、決めるボレーではなく、まずは、つなげるボレーをまずはマスターするのも良いですよ。

 

ちなみに私は、ボレー主体のプレーヤーですが、決めるボレーよりもつなげるボレーを得意としています。

「つなげるボレーって何?」

と思うかもしれませんが、つなげるボレーとは、

  • 相手コート深くにボレーして、相手に攻めさせないようにする
  • 緩くても良いのでとりあえず、相手深くに返球して、均衡状態を保つようなボレーを打つ
  • 相手に角度をつけられないようにボレーをセンターに打つ
  • 相手に打ち込まれない程度のボレーをとりあえず返しちゃおう

 

こんな感じのボレーですね。

 

スピードよりもコントロールが大事!!

華麗なボレーではないですが、じわじわと相手を追い詰めていくようなボレー。こんなつなぎのボレーをいくつか打っていくと、そのうちに、相手が我慢できずにチャンスボールをあげてきてくれます。

 

そうなったら、決める為のボレーを打てば良い。この時は、相手のショットも緩くなっている場合が多いので、比較的楽にボレーが打てます。
別に決めるボレーは、格好良く無くても良いです(笑)

思いっきりネットに詰めて、ボールを叩きに行きましょう。

 

てな感じで、つなぎのボレーが出来ると、相手は嫌なものです。

そして、つなぎのボレーが出来るようになると、だんだんとボレーに自信がついてきます(^^
間違いなし!

このつなぎのボレーですが、どうやって練習したら良いかと言うと、とても簡単。普段から、多くの人がやっているけど、あんまり意識して練習している人が少ない。

その練習法とは
・・・
・・・
・・・

別記事にしていますのでこちらをご参照ください。

コメントを残す