テニスのボレーには運動神経が必要か?

先週末にテニスの初心者さんや中級者さんにテニスを教える機会があったのですが、ボレーについて、教えていると、ある中級者レベルの方からこう言われました。

「ueponさんは、運動神経があるからボレーができるんですよ」

と、「そんなの違うよ~」とハッキリ言いたいところですが、自分でいうものなんですが、正直言うと、そうでもないところもありますね。

運動神経というよりも、「ボレーには反射神経が大事かな?」と思っています。

 

ボレーに反射神経が関わる理由

どうしてかって言うと、ボレーはストロークに比べて、 ショットへの準備時間が極端に短くなるからです。

この限られた時間でタイミングよくボールを捉えるには、反射神経が大事になります。

 

「じゃー生まれつき反射神経が悪かったら、ボレーは上手くならないのか?」
って聞かれたら、答えはハッキリ

「NO!!!!」

と答えちゃう。

 

反射神経は、鍛えれば良くなります。普段から反射神経が良くなるようなボレー練習をすればいいんです。

ま、私も、運動科学とかの先生じゃないので、詳しくはわかりませんが、普段からボレー練習の中で、すばやい動きを必要とする練習を反復して行う。

これで反射神経なのか運動神経なのかわかりませんが、ボレーの反応は良くなるはず。

 

反応を良くするテニス練習法

私のやっている素早い動きを必要とするボレーの練習方は

短距離でのボレー&ボレー

普段のボレー&ボレーの距離から、自分と相手と2人で大またで1歩づつ前でボレー&ボレー。無駄な動きもなくしながら、ボレーの反応速度を高められる!

 

サーブやスマッシュをボレー

相手のサーブやスマッシュを、ボレーで返球する練習です。もちろんノーバウンド。

頭の悪そうな練習ですが(笑)、緊張感がありながら反応速度を高めるのに良い練習ですよ。はじめは怖いかもしれないけど、人間は、そう簡単には体にボールが当たりません(断言)

いざとなったら、逃げます(笑)

 

とにかくラケットに当てる意識だけ持つと、反応速度が上がり、無駄な動きがなくなります。

 

壁打ちボレー&ボレー

壁にボレーを打つと、当たり前ですが、正に壁のようにすぐにボールが返球されます。

壁との距離を短くする事で、瞬間的に体を動かしながら、ボレーをしなければならないので、反射神経が上がります。

 

この練習は、一人でもできるので、おすすめですよ。
短時間で、球数は打てるし、効果抜群です。でも実践している人は、ほとんどいません。

【関連記事】


 

こんな感じの練習を普段からやっていると、ボレーのミスは、格段に下がります。

何と言っても、ボレーのミスは反応が間に合わない事がほとんどですから(^^;
反応が早ければ、しっかりボレーの体勢を準備できますからね。

 

最後に

ちなみに僕は、こんな練習ばっかりしているもんだから、反射神経だけは自信ありで、ダブルスの試合で相手がスマッシュ体勢にはいると、良く前進します(笑)

つまりボレーで返球しようとするわけですね。すると、意外と相手がビビッてミスってくれたりしますよ^^

 

こんなリスクあることをやっても、なかなか体には当たりません!
勇気があって、興味があれば、反応を早めるボレー練習法を実践してみてください

reportbanner

コメントを残す