テニスのボレーの時に気をつけていることは?Q&A

テニスのショットの中で、意外と苦手な人が多いのがボレーです。

ボレーは、相手のショットをノーバウンドで打つので恐怖感があるのか?テニス初心者の方は、あまり練習したがりません。

練習すれば必ずボレーは上達しますし、ボレーがある程度返球できるだけで、なぜかテニスがやたらと上手く見えるみたいです(笑)

 

さて、そんなボレーですが、つい最近ボレーに悩んでいる社会人サークルの方が、いくつか質問してきました。私は、一応ボレーヤーなので。。。

ボレーに関する様々な質問で、基本的なところも突っ込んで質問されて、何気なく回答したのですが、少しは参考になったみたいなので、その時のQ&Aを紹介します。

 

ボレーが苦手な人からの基本的な4つの質問

ボレーのグリップは、どんな握り方

コンチネンタルグリップ(いわゆるボレーの基本の握り)です。フォアボレーもバックボレーも握り変えず、同じ握り方で対応してます。

基本中の基本のコンチネンタルグリップより、チョットだけバックハンド寄りに握っています。

理由は、ネットでの打ち合いの時、瞬時にボレーで返球する時にバックハンドボレーで返球することが多いので、バックハンドボレーよりのグリップで 持つほうが、返球しやすいのでこうなりました。

 

【参考動画】コンチネンタルグリップの握り方

 

ロブで抜かれるのが怖くて、なかなかネットに詰められないけど、ロブは気にならない?

普段からスマッシュ練習は多めにしているので、ロブに対してはあまり苦手意識はないです。

ただし、全てのロブに対してスマッシュ出来るわけでもなく、ロブで抜かれることもあります。
良いロブは、相手が上手かったと割りきって、甘いロブをしっかりとスマッシュ出来るようになれば、ダブルスの試合は有利に展開できるはず。

毎回、毎回、厳しいロブを打つプレーヤーは、そうはいないので、届くボールをしっかりとスマッシュなりハイボレーで返球できるようになれば、ロブの恐怖心は消えていくと思います。

 

ネットに詰めてボレーを打つポジションに着いた時、気をつけていることは?

とにかく足。フットワーク。

ボレーは、ストロークより短時間で前後左右に瞬時に動く必要があるので、常にかかとを上げてどこにでも動ける態勢をとっています。

特に、ボレーが苦手な方は、前後の動きが遅いプレーヤーが多いので、足に注意してボレー練習すると良いと思います。
甘いボールが来たら、ちゅうちょなくネット前につめると、決定力も増しますしね。

 

ボレーをしても、決定力がなくて相手に取られてしまうけど、どうしたら良い?

ボレーは、1発で決められるショットと思い込まないほうが良いです。

私は、比較的ボレーは得意ですが、それでも常に相手が返球してくると思っているので、ボレーを打ったら、すぐに次のボレーを打つ準備をします。

ボレーは1発で決めようとはせずに、2本3本と続けて相手を徐々に苦しめるショットと思えば、いつの間にかチャンスボールは決められるようになるはずです。

ボレーを1発で決めようとすると、リキんでしまって余計な力が入ってミスの原因となるので、スピードよりもコントロール重視で打つように心がけると良いですね。

 

最後に

硬式テニスのダブルスでは、ボレーが上手いと、相手にとって非常にプレッシャーをかけられるので、相手のミスが増えます。
すると、試合の主導権を握りやすくなるので、積極的にボレーができるようになると、試合にも勝ちやすくなります。

 

もし、「ボレーの練習を普段からあまりしていないよ!」と言うテニスプレーヤーがいたら、練習すればそれだけ伸びしろがあるということです!是非、足を意識しながらボレーの練習をしましょう。

ちょっとしたキッカケで、ボレーが得意になっちゃったりするかもしれませんし・・・。

reportbanner

コメントを残す