テニスのボレーを深く打つために心がけること

テニスの練習で定番の練習と言えば、ボレーストローク。1人がボレーをして相手がストロークをする練習です。

プロの試合前の練習でも必ずやっていますよね。
そのボレーストロークの練習について質問があったので紹介します。

 

ボレーストローク練習が続かない 質問&回答

Mさん(女性)からの質問

最近このページを見つけまして、拝見させていただいています。
現在、地元のテニススクールに通っているのですが、ボレーストロークの練習の際にボレー側に立つとラリーが続かないのですが、何かコツはあるのでしょうか。
テイクバックはコンパクトにという意識があるのですが、深くバックボレーが返りません。

もしご存知でしたらよろしくお願いします。

woman-hatena

 

 

abata回答

ボレーストロークの練習で、ラリーが続かない大きな3つの理由として

  1. ボレーがネットにかかってしまう
  2. ボレーが短くて、ストローカーが取れない。もしくラケットは届くが返球できない。
  3. ストローカーがネットにかかってしまう。

 

「あれ?ボールがオーバーするアウトボールは?」
と思うかもしれませんが、ボレーストロークの練習では多少のアウトボールは続けることができるので、意外とラリーがそのまま続きます。

ですから、ボレーヤーとしてはネットにかけるのと、ボレーが短くなるのは避けなければなりません。
そもそもラリーが続かないと、ボレーの感覚をつかむ良い練習にならないですしね。

 

ボレーをするときの注意点

私がボレーストロークの練習時に狙っている場所は、ベースラインとサービスラインの間くらいです。
あんまりベースラインぎりぎりを狙うとミスが増えるので、アバウトにベースラインとサービスラインの間狙い。

 

この長さにボレーをコントロールする時に気をつけていることは

  • テイクバックは大きくなり過ぎない。
  • 足をコマ目に動かして、軸足に体重が乗るように準備する。
  • やや上向きのラケット面をしっかりとつくり、確実にネットを越す。
  • 深めのボレーを打つために、フォロースルーを長めにとる。
  • 無理に鋭いボレーを打たずに、山なりに深く返すボレーでもOK。
  • 叩くボレーよりも、運ぶボレーのイメージ。

こんなところでしょうか。

 

多少のアウトボールは、ボレーストロークだとそのままラリーが続きやすいので、練習のはじめは、ちょっとアウトしてしまうくらい長めのボレーを打っても良いと思います。
そして、ボレーが長かったら、フォロースルーを少し短めにするとか、上向きのラケット面を微調整するとかしていくと、徐々に自分のイメージに近いところにボレーがコントロール出来ていくはずです。

 

最後に

上手くボレーの深さをコントロール出来るようになれば、ボレーストロークも続くようになるし、試合でも有利な展開に持ち込みやすいです。

まずは、確実にネットを超える事を優先すること!
上半身も大事ですが、足もしっかり動かし、曲げて安定感を出すこと!

ボレーストロークの練習も、なかなか奥が深いですね(^.^)

【参考動画】
一般プレーヤーのボレーストローク練習風景。ボレーヤーが深さをコントロールできています。

reportbanner

コメントを残す